米国デトロイト、500万ドル・100カ所の学校にてプランター栽培を設置

 地産地消型レストランや、植物工場の起業家育成支援などフードビジネスに幅広く関わっているキンボール・マスク(Kimbal Musk)氏は、同氏などが設立したNPO団体「Big Green」にて、学校にプランター栽培を設置、子供達への科学教育活動を行っている。

米国デトロイト、500万ドル・100カ所の学校にてプランター栽培を設置
Big Greenでは今回、500万ドルをかけて、ミシガン州・デトロイト都市圏にある100件以上の学校に、菜園を設置する。主に都会の子供達が、新鮮な農作物に直接、触れ合う機会を提供することで、リアルな農業・食育を普及させていく計画。


 子供達に学校で農業の楽しさを教える活動を行う「Big Green」は2011年から、土を使ったプランター栽培を学校に設置し、野菜や果物の栽培指導を行っている。

活動エリアは、デンバー、インディアナポリス、ピッツバーグ、ロサンゼルス、シカゴにも広がり、現在までに25万人以上の子供達が参加している。


 農業を通じて、子供達に楽しく学ぶ機会を提供しながら、正しい知識(食、栄養学、農業を通じた環境学・科学など)を取得。

さらに、新鮮な野菜・果物を学校や周辺レストラン、家庭でも提供することで、子供達の健康にもプラスとなる。

ジャンクフードや質の悪い食事が中心となってしまった子供達は、現在、幼稚園児でも40%以上が肥満と分類されるくらい、深刻な状況であるからだ。


[関連記事]
米国における教育向け園芸・植物工場が増加。NPO団体が農家と学校をコーディネート
NYにある貧困エリアの学校、学生にドーム型・植物工場にて新鮮野菜を無償提供
米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。