カナダの有名ケータリング会社の駐車場にてコンテナ型植物工場を設置

 クリエイティブな料理を生み出し続けるFood Dudesが植物工場によるケールの地産地消をスタートする。同社はカナダ・トロントにて、ハイブランドなレストラン運営を行い、パーティー等のケータリング事業において、地元では有名企業の一つである。

カナダの有名ケータリング会社の駐車場にてコンテナ型植物工場を設置カナダの有名ケータリング会社の駐車場にてコンテナ型植物工場を設置
 植物工場メーカーのModular Farms社とパートナーシップを結び、駐車場の一角にて40ftコンテナ型植物工場を設置。栽培室内は、主に赤色LEDと垂直式のタワー型・栽培システムを採用している。

日本では平面多段式が多いが、米国では様々なタイプの閉鎖型が提案されており、先日、ソフトバンク等から約2億ドルの投資を受けたPlenty社も垂直式・タワー型となっている。

[関連記事] ソフトバンクなど、米国の垂直式・植物工場ベンチャーへ2億ドルを投資
[関連記事] リクルート、米国の垂直式・植物工場ベンチャーPlenty社に出資


 コンテナ型植物工場にて生産するものは「ケール」がメイン。週に68kgのケールを収穫する予定である。

育苗は一般的な平面・多段式にて行い、少し大きくした苗をタワー型の垂直式システムへ定植し、ケールの場合は約3週間で収穫できる、という。

コンテナ内部で生産・収穫されたケールは、すぐに同社のキッチンにて料理に使用される。自社ケールは “地産地消(ローカル)” や “収穫後30分以内” に料理することを全面にアピールしていくことで、食材においても他社との差別化を図っていく。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。