台湾・高雄市、日本人向けの農村体験オプショナルツアーを販売

植物工場IT活用事例セミナー

 台湾南部の高雄市政府は、日本の旅行会社・シティトラベルサービス株式会社と連携し、高雄の農村体験ツアー商品「山海一日遊(仮)」を販売する。台湾での農業生産拠点である高雄では、大規模な露地栽培から太陽光利用型植物工場まで、様々な栽培方式や農産品が生産されている。

[関連記事] TOEFLテストと国際教育交流CIEE、台湾で短期農業ボランティア開催。台湾伝統農法の水耕栽培も体験
[関連記事] 台湾における植物工場の市場概要と現状分析

台湾・高雄市、日本人向けの農村体験オプショナルツアーを販売台湾・高雄市、日本人向けの農村体験オプショナルツアーを販売
南台湾第一の都市・高雄で体験する「農業体験&農業観光」
高雄市政府は、高校生・大学生の卒業旅行やワーキングホリデー、FAMツアー、FIT客を対象としたプロモーションなど、訪台日本人観光者獲得のための取組みを数多く行ってきました。

また、昨年度の「ツーリズムEXPOジャパン」にも出展し、日本の方々に向けて高雄観光の魅力発信を行ってまいりました。今年2017年は「農業体験&農業観光」を新たな観光資源として発信し、美しい農村の風景、そして採れたて農産物の美味しさをアピールします。


高雄の人気コーヒー店の店主が旅行商品をプロデュース
このたび販売を開始する「山海一日遊(仮)」は、果物狩りや植物染体験、陶製レンガ制作体験、客家花布ポーチ手ぬぐい体験、台湾の伝統農家料理体験など、高雄の農村・漁村の魅力が詰まった旅行商品となりました。

旅程の監修には、軽井沢で修行経験のある高雄で人気のコーヒー工房「山城黑咖啡」の店主・隋元堅氏が参加。初めて台湾を訪れる方はもちろん、南台湾への来訪経験もある方も楽しんでいただける、ツアー商品となっております。


高雄市政府農業局副局長の鄭清福氏
「農村体験は日本をはじめ、香港やシンガポールの訪台観光客に人気です。将来の目標として、観光客一人のニーズに合わせた、カスタマイズできる農村体験ツアー商品のプランニング、造成を目指していきます。」