美健、北海道・国産和ハッカを使用した化粧品・日用品を販売

 アロマオイルの専門メーカー「株式会社美健」は2017年4月25日に、JAオホーツクはまなす農業協同組合が生産した国産和ハッカ(学名:Mentha arvensis/しそ科)の水蒸気蒸留法で抽出されたエッセンシャルオイル(精油)を使用した和ハッカオイル配合の化粧品や日用品のシリーズを発売する。
美健、北海道・国産和ハッカを使用した化粧品・日用品を販売
▽和ハッカ 公式サイト(業者の方向け)
http://www.biken-oroshi.com/list.php?c_id=85

▽和ハッカ 公式サイト(一般の方向け)
http://biken-shop.jp/SHOP/1048264/1072213/list.html

 北海道産 和ハッカを使用した11種類の化粧品、日用品が同時に発売いたします。ハッカといえば北見を思い浮かべる方も多いと思いますが、国産和ハッカの90%以上は、北海道紋別郡滝上町のJAオホーツクはまなす農業協同組合で生産されています。

和ハッカは清涼感があり甘みのあるやわらかな香りで、これからの暑い季節をさわやかに過ごすのに最適です。すでに、大手・中小の生活雑貨店やアパレル雑貨店での取り扱いが決まっています。

■和ハッカ商品シリーズ(11種類)
1.和ハッカ(Japanese Mint)について

学名:Mentha arvensis/しそ科
香り:清涼感があり甘みのあるやわらかな香りが特徴です。
和ハッカ(学名:Mentha arvensis)は、洋種のペパーミント(学名:Mentha piperita)に比べ、メントール(薄荷脳)が多く含まれています(和種ハッカ:70-80%、ペパーミント:40-45%)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  5. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  6. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  7. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  8. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  9. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  3. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  4. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
ページ上部へ戻る