アグリホールディングス子会社が シンガポールにて日本の食品に付与される「JAPAN POINT」のサービスを開始

 アグリホールディングス株式会社が、2016年11月1日からシンガポールの子会社であるLOGICO PTE LTDを通じて、日本の食材に付与される共通ポイントサービス「JAPAN POINT」の提供を開始した。

■JAPAN POINTの背景・仕組み
 現在世界的に日本食の需要が伸びる中、日本の農産物・地方の産品の輸出も様々な形で拡大している。農業の生産・輸出・流通を手がけるアグリホールディングスは、東南アジアの中でも特に日本食の需要が高く、消費が日常化したシンガポールを1ヶ国目として、農家・産地・メーカーの輸出支援を行なっている。

 今回その一環、日本食材の需要・消費促進策として、シンガポールの子会社であるLOGICO PTE LTDを通じて、飲食店や小売店で日本の食材の消費に付与される共通ポイントサービス「JAPAN POINT」の提供を開始した。消費者はスマートフォンのアプリをダウンロードし、日本の食材を扱う飲食店や小売店で買い物をするとポイントを取得でき、日本の農産品や旅行などと交換できる仕組みとなっている。

 シンガポールで企業の枠を超えた共通ポイント制度は珍しく、産地・サプライヤー・外食・小売が一体となった消費のきっかけ作りを行い、効果的に日本食材の認知度を高め、日本からの輸出増を目指す。
アグリホールディングス子会社が シンガポールにて日本の食品に付与される「JAPAN POINT」のサービスを開始
■JAPAN POINTの実施について
 2016年11月のリリース時から全日空商事運営のフードコートEat At Seven、クールジャパン事業のJAPAN FOOD TOWN、東日本旅客鉄道運営のJAPAN RAIL CAFEなど30店舗以上が参加する。来年2017年3月までに150店舗、利用者は5~10万人を目指す。ユーザーが利用するポイント情報を通じて消費者行動を分析、分析結果は参加企業にも今後提供していく予定だ。

詳細:http://agri-hd.com/?p=466

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  2. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  6. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  7. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  8. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  9. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  10. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  2. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る