オイシックス、栄養学や味覚に関する研究・技術など「フードテック」専門の投資部門を設立

植物工場IT活用事例セミナー

 オイシックス株式会社が、日本初のフードテック関連への投資・提携を行う専門に行う投資部門「フードテックファンド」を本年10月17日に立ち上げた。フードテック(FoodTech)とは、FoodとTechnologyをかけあわせた造語だ。

 オイシックスの企業理念でもある「豊かな食生活を、できるだけ多くの人に」という企業理念を実現するために、栄養学や味覚に関する研究・技術、食とヘルスケアに関する研究・サービス、新しい食材、農業技術、レシピサービス、調理家電など、フードテック分野へ特化した投資・提携を行っていく。

 近年、技術や研究の進歩によりフードテック業界においても様々な新技術や新サービスの種が出てくるようになったが、具体的なサービスにつなげるためには、様々な実証実験やテストマーケティングが必要になる。

そこで、単なる投資にとどまらず、オイシックスのサブスクリプション型(定期購入型)食品Eコマースとしてのプラットフォームを最大限に生かし、約12万人のオイシックスの定期顧客に向けたテストマーケティング、データ分析のほか、物流や商品開発、商品生産、食に関するマーケティングノウハウの活用など、幅広い分野から実行支援も行うことで、スタートアップの持つ新技術や新サービスをより早く実用化・事業化していくことを目指す。

 日本ではまだなじみの少ないフードテック業界だが、例えば、食事で味覚の矯正を行う研究により、味覚器官の低下からくる食欲低下・偏食の改善を目指すものがある。そうした研究の実証実験を共同実施することを考えている。

 また、真空調理方法など、新しい調理方法を搭載した海外の最新家電の日本向けテストマーケティング支援の活動も想定している。海外のベンチャーキャピタルやアクセラレーター(※)と連携し、海外のフードテック企業への出資、事業提携も検討していく考えだ。