東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続

 東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」を12月末に閉鎖することを発表した。同施設は、旧フロッピーディスク工場の遊休施設として活用され、2014年の5月に稼働し、11月からリーフレタス、水菜、ホウレンソウ、ベビーリーフなどを生産・販売をスタートしていた。

同施設の光源は蛍光灯がメインとなっており、フル稼働時の生産能力は日産で約8,400株と大規模施設に分類される施設であった。

計画では野菜の生産・販売事業にて約3億円の売上を目指していたが、露地野菜との差別化ができず、当初計画のように施設稼働率が伸びなかった。今回の閉鎖理由も注力領域の選択と集中と発表している。

販売では、サラダ専門のトータルブランドとして「Salad Cafe」の展開を行うケンコーマヨネーズ株式会社と業務提携を行い、販路の開拓やブランド力の構築をはかる。

販売を開始した当初は、ドレッシング付のオシャレなカップ容器に入ったサラダ商品(フリルレタス、コスレタス、水菜、スイスチャード、ホウレン草などがミックスされたもの)が百貨店にて350円で販売されていた。
東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
カップ容器のサラダ重量は約40gとなっており、通常の人工光型植物工場のレタスが80g程度で198円にて販売されている中、若干の割高感があった。その後は少し価格を下げた商品を周辺スーパーなどに販売も行っていた。

 今後は本施設は閉鎖し、生産事業からは撤退するが、植物工場の運営から得た照明技術、温度・湿度制御技術、遠隔監視システムの条件設定などの知見・経験を活かし、植物工場向け機器やシステムの販売の工場ソリューション事業については、今後も継続する、という。

<過去の関連記事>
東芝が遊休施設を活用した植物工場を建設、カット野菜・サラダ商品の生産へ
植物工場を運営する東芝とケンコーマヨネーズ社が業務提携