アグリホールディングスがSBS、リバネス等から総額1億円増資。日本の農業と食のバリューチェーンを強化

 農業・食・健康のソリューションカンパニーとして展開するアグリホールディングス株式会社は、SBSホールディングス株式会社、株式会社リバネスほか個人3名を対象として総額1億円の第三者割当増資を実行した。

■資金調達の目的
アグリホールディングスは「日本米」「日本酒」「おにぎり」といった日本が世界に誇る『ライス・プロダクト、ライス・カルチャー』を発信し、日本の農業から海外の食市場までグローバル・バリューチェーンを構築する企業です。

現在日本、シンガポール、アメリカ合衆国の3ヶ国に、『農業生産事業』、『グローバル・バリューチェーン構築事業』、『おにぎり・食品事業』など8社を展開しております。

シンガポールのSAMURICEの店舗展開およびジュロン地区に設置している工場・物流拠点の強化、日本における農業生産の強化、米国展開等を推進すべく、今回の資金調達に至りました。

■今後の展開
今後、アグリホールディングスは様々なプレイヤーと連携し、日本の農業と食のバリューチェーンをフィールドとして、AgTech、物流IT / IoT、フード・ロボティクス、金融・決済サービスなど様々な技術やサービスの実証・導入を行い産業のイノベーションを進めてまいります。

SBSホールディングスとは、両社の持つ日本の地方とアジア10ヶ国の拠点を活用した、新たな物流モデル・事業モデルの開発を進める予定です。

リバネスとは、同社の知識プラットフォームを活用し、農業関連・食関連の最先端テクノロジーと人材育成に関する業務提携を開始。アグリホールディングスの持つバリューチェーンをフィールドとして、大学・研究機関、大企業とのアライアンスによる技術実証・サービス導入を推進します。
また、リバネスのシンガポールやマレーシアの子会社と連携し、様々な技術・事業シーズのアジアでの事業化を共同で推進してまいります。

■SBSホールディングス株式会社について
1987年12月設立。代表取締役社長 鎌田 正彦。3PL事業を柱とする物流事業、不動産事業、投資事業を展開。海外はアジアを中心に9つの国と地域に展開する。 http://www.sbs-group.co.jp/

■株式会社リバネスについて
2002年6月設立。代表取締役CEO 丸 幸弘。スタッフ数50名。教育開発事業、人材開発事業、研究開発事業、戦略開発事業、地域開発事業、国際開発事業の6つの事業を展開。 https://lne.st/

■アグリホールディングス株式会社
現在日本、シンガポール、アメリカ合衆国の3ヶ国に8社を展開。日本米を中心とした農業と食のバリューチェーン構築事業を日本国内外で展開。
商号  : アグリホールディングス株式会社
代表者 : 代表取締役社長 前田 一成
所在地 : 東京都港区南青山5-4-35-1005
設立  : 2014年7月
事業内容: 農業生産および農業と食のグローバル展開およびそれらの支援
資本金 : 1億3千万円(2016年9月13日現在)
URL   : http://agri-hd.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  3. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  4. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  5. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  6. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  7. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  9. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  10. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  3. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  4. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
ページ上部へ戻る