JFEエンジ、太陽光利用型植物工場を札幌市内に拡張。高糖度トマトの生産拡大へ

植物工場IT活用事例セミナー

 JFEエンジニアリングの関連会社である株式会社Jファームは、新たに札幌市内に太陽光利用型植物工場(スマートアグリプラント)を建設し、生産事業を拡大する。Jファームは2013年11月に、株式会社アド・ワン・ファームとJFEエンジニアリングの共同出資により設立されたもの。
JFEエンジ、太陽光利用型植物工場を札幌市内に拡張。高糖度トマトの生産拡大へ
同社では、苫小牧市に多様な熱源を活用した最先端のスマートアグリプラント(1.5ha)を建設し、2014年8月より、数々のエネルギー利用技術や栽培技術の実証を進めながら、トマトやベビーリーフの生産・出荷を行っている。さらに2015年12月には、同プラントを1.0ha拡張している。

太陽光利用型植物工場にて生産・出荷された農産物は道内のデパートやスーパーマーケット、シンガポールなどで販売されている。

 こうした中、株式会社Jファームは、さらに拡大するお客様のニーズに応えるべく、札幌市の丘珠地区に1.6haの新プラントを建設し、高糖度ミニトマトの生産を拡大する。本プラントは、農林水産省事業である「平成28年度強い農業づくり交付金」により費用の約1/2を受給して建設されるもので、本年5月に着工、12月に完成する予定。

エネルギー源としては、排ガス浄化機能を備えたバイオマスボイラ設備により、木質チップを燃焼することで温室に熱とCO2を供給します。これは、JFEエンジニアリングがJファーム苫小牧プラントで実証を進めてきた独自技術となっている。また温室には、エネルギーコストを抑制しながら積雪に対応する独自の融雪システムを設置する。