JFEエンジ、太陽光利用型植物工場を札幌市内に拡張。高糖度トマトの生産拡大へ

 JFEエンジニアリングの関連会社である株式会社Jファームは、新たに札幌市内に太陽光利用型植物工場(スマートアグリプラント)を建設し、生産事業を拡大する。Jファームは2013年11月に、株式会社アド・ワン・ファームとJFEエンジニアリングの共同出資により設立されたもの。
JFEエンジ、太陽光利用型植物工場を札幌市内に拡張。高糖度トマトの生産拡大へ
同社では、苫小牧市に多様な熱源を活用した最先端のスマートアグリプラント(1.5ha)を建設し、2014年8月より、数々のエネルギー利用技術や栽培技術の実証を進めながら、トマトやベビーリーフの生産・出荷を行っている。さらに2015年12月には、同プラントを1.0ha拡張している。

太陽光利用型植物工場にて生産・出荷された農産物は道内のデパートやスーパーマーケット、シンガポールなどで販売されている。

 こうした中、株式会社Jファームは、さらに拡大するお客様のニーズに応えるべく、札幌市の丘珠地区に1.6haの新プラントを建設し、高糖度ミニトマトの生産を拡大する。本プラントは、農林水産省事業である「平成28年度強い農業づくり交付金」により費用の約1/2を受給して建設されるもので、本年5月に着工、12月に完成する予定。

エネルギー源としては、排ガス浄化機能を備えたバイオマスボイラ設備により、木質チップを燃焼することで温室に熱とCO2を供給します。これは、JFEエンジニアリングがJファーム苫小牧プラントで実証を進めてきた独自技術となっている。また温室には、エネルギーコストを抑制しながら積雪に対応する独自の融雪システムを設置する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  2. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  4. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  5. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  6. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  7. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  8. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  9. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  10. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  4. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
ページ上部へ戻る