シンガポール・パナソニックの植物工場・高機能野菜が地元スーパーにて販売開始

 シンガポールにて人工光型植物工場を運営するパナソニック ファクトリーソリューションズ アジアパシフィック(PFSAP)は2015年11月より、自社工場にて生産した野菜の一般販売を開始した。同国で最初に認可された野菜工場で生産した野菜を『Veggie Life』ブランドのミックスサラダとして、セレクトされた地元スーパーマーケットチェーンにて購入することができるようになる。

同社の植物工場は2014年に年間3.6トンだった生産能力を、2015年に81トンまで向上。さらに2016年には、シンガポールで生産される野菜の5%を供給できるように生産体制の増設も検討している。
シンガポール・パナソニックの植物工場・高機能野菜が地元スーパーにて販売開始

■『Veggie Life』が皆さまの食卓に
PFSAPの馬場英樹社長は「土地の限られたシンガポールだからこそ、私たちのチャレンジの意義があります。パナソニックが屋内野菜工場を手がける目的は、培ってきた技術と生産ノウハウでシンガポールの食料自給レベルの向上に寄与すること。そしてサスティナブルなこの農業システムで、継続的に高品質な野菜を提供していくことです。

『Veggie Life』のミックスサラダで、地元産ならではの鮮度を食卓にお届けできることになり嬉しく思います。またここ最近は、地産の食材に対する支持も高まりつつあります」と語りました。

現在、『Veggie Life』ブランドは、栄養に富んだ「抗酸化ミックス」「滋養ミックス」「活力ミックス」の3シリーズで展開。シンガポールのエンポリウム食品、伊勢丹、明治屋の各スーパーマーケットでお買い求めいただけます。さらに2015年11月末までには、ビッグボックスハイパーマート、フェアープライススーパーマーケットでもお買い求めいただける予定です。

『Veggie Life』の野菜は、同国の国家機関であるAVA(※1)、HACCP(※2)の厳しい安全基準に基づき、最適な環境下で育てられています。鮮度を最大限に保つため、収穫したその場でパッケージングされ、当日中に出荷されます。

※1:「Agri-Food & Veterinary Authority」の略
※2:「Hazard Analysis and Critical Control Point」の略