シンガポール・パナソニックの植物工場・高機能野菜が地元スーパーにて販売開始

 シンガポールにて人工光型植物工場を運営するパナソニック ファクトリーソリューションズ アジアパシフィック(PFSAP)は2015年11月より、自社工場にて生産した野菜の一般販売を開始した。同国で最初に認可された野菜工場で生産した野菜を『Veggie Life』ブランドのミックスサラダとして、セレクトされた地元スーパーマーケットチェーンにて購入することができるようになる。

同社の植物工場は2014年に年間3.6トンだった生産能力を、2015年に81トンまで向上。さらに2016年には、シンガポールで生産される野菜の5%を供給できるように生産体制の増設も検討している。
シンガポール・パナソニックの植物工場・高機能野菜が地元スーパーにて販売開始

■『Veggie Life』が皆さまの食卓に
PFSAPの馬場英樹社長は「土地の限られたシンガポールだからこそ、私たちのチャレンジの意義があります。パナソニックが屋内野菜工場を手がける目的は、培ってきた技術と生産ノウハウでシンガポールの食料自給レベルの向上に寄与すること。そしてサスティナブルなこの農業システムで、継続的に高品質な野菜を提供していくことです。

『Veggie Life』のミックスサラダで、地元産ならではの鮮度を食卓にお届けできることになり嬉しく思います。またここ最近は、地産の食材に対する支持も高まりつつあります」と語りました。

現在、『Veggie Life』ブランドは、栄養に富んだ「抗酸化ミックス」「滋養ミックス」「活力ミックス」の3シリーズで展開。シンガポールのエンポリウム食品、伊勢丹、明治屋の各スーパーマーケットでお買い求めいただけます。さらに2015年11月末までには、ビッグボックスハイパーマート、フェアープライススーパーマーケットでもお買い求めいただける予定です。

『Veggie Life』の野菜は、同国の国家機関であるAVA(※1)、HACCP(※2)の厳しい安全基準に基づき、最適な環境下で育てられています。鮮度を最大限に保つため、収穫したその場でパッケージングされ、当日中に出荷されます。

※1:「Agri-Food & Veterinary Authority」の略
※2:「Hazard Analysis and Critical Control Point」の略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  2. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  3. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  4. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  5. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  8. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  10. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  3. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  4. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
ページ上部へ戻る