キューサイ、手摘み国産ケール100%の「キューサイ畑の青汁」を発売

 キューサイ株式会社は、自社グループにて栽培・収穫から製造・販売までを一貫して行い、手摘み国産ケール100%の「キューサイ畑の青汁」を10月26日から販売する。同社は1982年に「ケール青汁」の製造・販売を開始し、ケール青汁では業界トップシェアを誇っている。
キューサイ、手摘み国産ケール100%の「キューサイ畑の青汁」を発売
「キューサイ畑の青汁」3つのこだわり
1)ひとつ上の「飲みやすさ」を実現!
「野菜不足はわかっているけど青汁が苦手で」そのような方にもお試しいただけるよう、「畑の青汁」は飲みやすさにこだわりました。研究を重ねたキューサイ独自の「極・細粒製法」で、フレッシュ感のある鮮やかな緑色、とれたてのような風味、なめらかなのどごしを実現しました。さらに「凍結粉砕製法」と独自の「マイルドパウダー製法」で、溶けやすく、吸収されやすいのも特長です。

2)副原料一切なし!正真正銘「無添加(※1)」の青汁を実現!
「畑の青汁」は、手摘み国産ケールだけを100%使用。土づくりからはじまり、露地栽培で除草や虫取りなど大切なことは全て手作業で、手間暇かけて丁寧に育てたケールを原料に使用しています。農薬・化学肥料はもちろん、保存料や酸化防止剤、着色料や甘味料、その他の副原料も一切不使用。自然の恵みだけをそのままに正真正銘無添加を実現しました。

3)驚きの栄養価!
「畑の青汁」の原料ケールは、ブロッコリーやキャベツの原種で、数ある野菜や果物の中でも高い栄養価を誇り、昨今ますます注目されている「スーパー緑黄色野菜」です。
トマトとの栄養価比較においても、カロテンは約5倍、ビタミンCは約5倍、カリウムは約2倍、食物繊維は約3.7倍、カルシウムは約31倍(※2)、その他にもケールには豊富な栄養がたっぷりと含まれているため、毎日の野菜不足解消にお役立ていただけます。

1日あたりの必要な緑黄色野菜摂取目標量120gに対して平均32.7g(成人)(※3)不足。「畑の青汁」は1本3.5gに緑黄色野菜が約50g分(※4)

※2 日本食品標準成分表2010。可食部100gの比較
※3 平成25年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)より
※4 ケール生葉換算

同社WEBサイト: http://corporate.kyusai.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  3. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  5. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  6. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  7. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  8. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  9. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  10. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  2. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  3. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  4. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
ページ上部へ戻る