キューサイ、手摘み国産ケール100%の「キューサイ畑の青汁」を発売

 キューサイ株式会社は、自社グループにて栽培・収穫から製造・販売までを一貫して行い、手摘み国産ケール100%の「キューサイ畑の青汁」を10月26日から販売する。同社は1982年に「ケール青汁」の製造・販売を開始し、ケール青汁では業界トップシェアを誇っている。
キューサイ、手摘み国産ケール100%の「キューサイ畑の青汁」を発売
「キューサイ畑の青汁」3つのこだわり
1)ひとつ上の「飲みやすさ」を実現!
「野菜不足はわかっているけど青汁が苦手で」そのような方にもお試しいただけるよう、「畑の青汁」は飲みやすさにこだわりました。研究を重ねたキューサイ独自の「極・細粒製法」で、フレッシュ感のある鮮やかな緑色、とれたてのような風味、なめらかなのどごしを実現しました。さらに「凍結粉砕製法」と独自の「マイルドパウダー製法」で、溶けやすく、吸収されやすいのも特長です。

2)副原料一切なし!正真正銘「無添加(※1)」の青汁を実現!
「畑の青汁」は、手摘み国産ケールだけを100%使用。土づくりからはじまり、露地栽培で除草や虫取りなど大切なことは全て手作業で、手間暇かけて丁寧に育てたケールを原料に使用しています。農薬・化学肥料はもちろん、保存料や酸化防止剤、着色料や甘味料、その他の副原料も一切不使用。自然の恵みだけをそのままに正真正銘無添加を実現しました。

3)驚きの栄養価!
「畑の青汁」の原料ケールは、ブロッコリーやキャベツの原種で、数ある野菜や果物の中でも高い栄養価を誇り、昨今ますます注目されている「スーパー緑黄色野菜」です。
トマトとの栄養価比較においても、カロテンは約5倍、ビタミンCは約5倍、カリウムは約2倍、食物繊維は約3.7倍、カルシウムは約31倍(※2)、その他にもケールには豊富な栄養がたっぷりと含まれているため、毎日の野菜不足解消にお役立ていただけます。

1日あたりの必要な緑黄色野菜摂取目標量120gに対して平均32.7g(成人)(※3)不足。「畑の青汁」は1本3.5gに緑黄色野菜が約50g分(※4)

※2 日本食品標準成分表2010。可食部100gの比較
※3 平成25年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)より
※4 ケール生葉換算

同社WEBサイト: http://corporate.kyusai.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  2. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  3. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  4. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  7. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  8. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  9. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  10. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  2. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  3. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  4. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
ページ上部へ戻る