キューサイ、手摘み国産ケール100%の「キューサイ畑の青汁」を発売

 キューサイ株式会社は、自社グループにて栽培・収穫から製造・販売までを一貫して行い、手摘み国産ケール100%の「キューサイ畑の青汁」を10月26日から販売する。同社は1982年に「ケール青汁」の製造・販売を開始し、ケール青汁では業界トップシェアを誇っている。
キューサイ、手摘み国産ケール100%の「キューサイ畑の青汁」を発売
「キューサイ畑の青汁」3つのこだわり
1)ひとつ上の「飲みやすさ」を実現!
「野菜不足はわかっているけど青汁が苦手で」そのような方にもお試しいただけるよう、「畑の青汁」は飲みやすさにこだわりました。研究を重ねたキューサイ独自の「極・細粒製法」で、フレッシュ感のある鮮やかな緑色、とれたてのような風味、なめらかなのどごしを実現しました。さらに「凍結粉砕製法」と独自の「マイルドパウダー製法」で、溶けやすく、吸収されやすいのも特長です。

2)副原料一切なし!正真正銘「無添加(※1)」の青汁を実現!
「畑の青汁」は、手摘み国産ケールだけを100%使用。土づくりからはじまり、露地栽培で除草や虫取りなど大切なことは全て手作業で、手間暇かけて丁寧に育てたケールを原料に使用しています。農薬・化学肥料はもちろん、保存料や酸化防止剤、着色料や甘味料、その他の副原料も一切不使用。自然の恵みだけをそのままに正真正銘無添加を実現しました。

3)驚きの栄養価!
「畑の青汁」の原料ケールは、ブロッコリーやキャベツの原種で、数ある野菜や果物の中でも高い栄養価を誇り、昨今ますます注目されている「スーパー緑黄色野菜」です。
トマトとの栄養価比較においても、カロテンは約5倍、ビタミンCは約5倍、カリウムは約2倍、食物繊維は約3.7倍、カルシウムは約31倍(※2)、その他にもケールには豊富な栄養がたっぷりと含まれているため、毎日の野菜不足解消にお役立ていただけます。

1日あたりの必要な緑黄色野菜摂取目標量120gに対して平均32.7g(成人)(※3)不足。「畑の青汁」は1本3.5gに緑黄色野菜が約50g分(※4)

※2 日本食品標準成分表2010。可食部100gの比較
※3 平成25年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)より
※4 ケール生葉換算

同社WEBサイト: http://corporate.kyusai.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  3. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  4. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  6. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  10. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  2. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  3. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る