キューサイ、手摘み国産ケール100%の「キューサイ畑の青汁」を発売

 キューサイ株式会社は、自社グループにて栽培・収穫から製造・販売までを一貫して行い、手摘み国産ケール100%の「キューサイ畑の青汁」を10月26日から販売する。同社は1982年に「ケール青汁」の製造・販売を開始し、ケール青汁では業界トップシェアを誇っている。
キューサイ、手摘み国産ケール100%の「キューサイ畑の青汁」を発売
「キューサイ畑の青汁」3つのこだわり
1)ひとつ上の「飲みやすさ」を実現!
「野菜不足はわかっているけど青汁が苦手で」そのような方にもお試しいただけるよう、「畑の青汁」は飲みやすさにこだわりました。研究を重ねたキューサイ独自の「極・細粒製法」で、フレッシュ感のある鮮やかな緑色、とれたてのような風味、なめらかなのどごしを実現しました。さらに「凍結粉砕製法」と独自の「マイルドパウダー製法」で、溶けやすく、吸収されやすいのも特長です。

2)副原料一切なし!正真正銘「無添加(※1)」の青汁を実現!
「畑の青汁」は、手摘み国産ケールだけを100%使用。土づくりからはじまり、露地栽培で除草や虫取りなど大切なことは全て手作業で、手間暇かけて丁寧に育てたケールを原料に使用しています。農薬・化学肥料はもちろん、保存料や酸化防止剤、着色料や甘味料、その他の副原料も一切不使用。自然の恵みだけをそのままに正真正銘無添加を実現しました。

3)驚きの栄養価!
「畑の青汁」の原料ケールは、ブロッコリーやキャベツの原種で、数ある野菜や果物の中でも高い栄養価を誇り、昨今ますます注目されている「スーパー緑黄色野菜」です。
トマトとの栄養価比較においても、カロテンは約5倍、ビタミンCは約5倍、カリウムは約2倍、食物繊維は約3.7倍、カルシウムは約31倍(※2)、その他にもケールには豊富な栄養がたっぷりと含まれているため、毎日の野菜不足解消にお役立ていただけます。

1日あたりの必要な緑黄色野菜摂取目標量120gに対して平均32.7g(成人)(※3)不足。「畑の青汁」は1本3.5gに緑黄色野菜が約50g分(※4)

※2 日本食品標準成分表2010。可食部100gの比較
※3 平成25年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)より
※4 ケール生葉換算

同社WEBサイト: http://corporate.kyusai.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  4. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  5. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  6. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  7. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  8. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  9. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  2. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
ページ上部へ戻る