ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更

植物工場IT活用事例セミナー

 株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品に、2015年4月7日から順次導入する。まずは、東京都、神奈川県の約20店にて試験的に実施し、植物工場で栽培された野菜3種類のみを使用した「3種のグリーンサラダ」(税抜:264円、本体:285円)を発売する。

ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
また、首都圏を中心としたファミリーマート店舗約3,000店(※)で販売するファミマプレミアムサンド2種類に使用するグリーンリーフを、植物工場で栽培された野菜に、期間限定で変更する。
(※) 東京都、神奈川県、埼玉県、栃木県、群馬県、茨城県の一部店舗>

植物工場にて生産された野菜は周年・安定供給とともに、ほぼ無菌状態にて無農薬を実現し、露地野菜と比較して加工時の水洗い・洗浄工程が省略できるなど、様々なメリットがある。洗浄工程を少なくすることで野菜へのダメージも少なく、よりフレッシュで美味しい野菜を提供できる、という。