群馬県、根域制限栽培による高糖度トマトの出荷開始

 群馬県では、遮根透水シートを利用した根域制限栽培による高糖度トマト栽培法を開発し、スイカに迫る糖度の「高糖度トマト:ブリックス=糖度、ナイン=糖度9度以上」のトマト(ブリックスナイン)の出荷を開始した。

同ブランドは、通常のトマトの糖度5〜6度を大きく超えて、スイカに迫る糖度の「高糖度トマト」の老舗ブランド。いわゆるフルーツトマトの先駆け的な存在となっている。

群馬県、根域制限栽培による高糖度トマトの出荷開始群馬県、根域制限栽培による高糖度トマトの出荷開始

 平成2年当時、完熟系品種のトマトが全国的に普及したため、その中で産地として選ばれるには、完熟のおいしさだけでない高糖度を嗜好する消費者ニーズに対応した「こだわりによる差別化商品」が求められていました。そこで、群馬県では、遮根透水シートを利用した根域制限栽培による高糖度トマト栽培法を開発しました。

かん水量を調節して栽培するため、小ぶりで収量は従来の大玉トマトと比べ半分以下ですが、一度食べるとやみつきになるほど美味しいトマトです。

 現在、JA邑楽館林とJAにったみどりで導入され「ブリックスナイン」として、19名の生産者により約222tの出荷があります。京浜市場を中心に全国25市場と取り引きされていて、都内の高級デパート等でも販売され、高糖度トマトの中においても不動の地位を確保しています。

ブリックスナインの特徴とは?
「ブリックスナイン」は果肉がしっかりしており、濃い赤に色付いています。甘さにこだわり濃厚な味のため、そのまま食べていただくのがベストです。黒酢醤油で召し上がると甘さが際立ちますし、カプレーゼなどでも美味しくいただけます。また、スムージーやケーキ等デザート感覚でも楽しめます。

ブリックスナイン産地のこだわり
「ブリックスナイン」は高糖度トマトの命である味(糖度・こく・酸味等)を高めるため、すべての圃場を生産者とJAや普及担当者がチェックしています。さらに、「ブリックスナイン」という商品名で糖度保証をうたっているため、出荷時に検査員が糖度検査を行うとともに、生産者も糖度を確認しながら1月中旬〜6月上旬に出荷しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  3. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  4. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  5. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  6. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  7. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  8. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  9. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  4. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
ページ上部へ戻る