群馬県、根域制限栽培による高糖度トマトの出荷開始

 群馬県では、遮根透水シートを利用した根域制限栽培による高糖度トマト栽培法を開発し、スイカに迫る糖度の「高糖度トマト:ブリックス=糖度、ナイン=糖度9度以上」のトマト(ブリックスナイン)の出荷を開始した。

同ブランドは、通常のトマトの糖度5〜6度を大きく超えて、スイカに迫る糖度の「高糖度トマト」の老舗ブランド。いわゆるフルーツトマトの先駆け的な存在となっている。

群馬県、根域制限栽培による高糖度トマトの出荷開始群馬県、根域制限栽培による高糖度トマトの出荷開始

 平成2年当時、完熟系品種のトマトが全国的に普及したため、その中で産地として選ばれるには、完熟のおいしさだけでない高糖度を嗜好する消費者ニーズに対応した「こだわりによる差別化商品」が求められていました。そこで、群馬県では、遮根透水シートを利用した根域制限栽培による高糖度トマト栽培法を開発しました。

かん水量を調節して栽培するため、小ぶりで収量は従来の大玉トマトと比べ半分以下ですが、一度食べるとやみつきになるほど美味しいトマトです。

 現在、JA邑楽館林とJAにったみどりで導入され「ブリックスナイン」として、19名の生産者により約222tの出荷があります。京浜市場を中心に全国25市場と取り引きされていて、都内の高級デパート等でも販売され、高糖度トマトの中においても不動の地位を確保しています。

ブリックスナインの特徴とは?
「ブリックスナイン」は果肉がしっかりしており、濃い赤に色付いています。甘さにこだわり濃厚な味のため、そのまま食べていただくのがベストです。黒酢醤油で召し上がると甘さが際立ちますし、カプレーゼなどでも美味しくいただけます。また、スムージーやケーキ等デザート感覚でも楽しめます。

ブリックスナイン産地のこだわり
「ブリックスナイン」は高糖度トマトの命である味(糖度・こく・酸味等)を高めるため、すべての圃場を生産者とJAや普及担当者がチェックしています。さらに、「ブリックスナイン」という商品名で糖度保証をうたっているため、出荷時に検査員が糖度検査を行うとともに、生産者も糖度を確認しながら1月中旬〜6月上旬に出荷しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  4. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  8. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  2. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  4. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
ページ上部へ戻る