群馬県、根域制限栽培による高糖度トマトの出荷開始

 群馬県では、遮根透水シートを利用した根域制限栽培による高糖度トマト栽培法を開発し、スイカに迫る糖度の「高糖度トマト:ブリックス=糖度、ナイン=糖度9度以上」のトマト(ブリックスナイン)の出荷を開始した。

同ブランドは、通常のトマトの糖度5〜6度を大きく超えて、スイカに迫る糖度の「高糖度トマト」の老舗ブランド。いわゆるフルーツトマトの先駆け的な存在となっている。

群馬県、根域制限栽培による高糖度トマトの出荷開始群馬県、根域制限栽培による高糖度トマトの出荷開始

 平成2年当時、完熟系品種のトマトが全国的に普及したため、その中で産地として選ばれるには、完熟のおいしさだけでない高糖度を嗜好する消費者ニーズに対応した「こだわりによる差別化商品」が求められていました。そこで、群馬県では、遮根透水シートを利用した根域制限栽培による高糖度トマト栽培法を開発しました。

かん水量を調節して栽培するため、小ぶりで収量は従来の大玉トマトと比べ半分以下ですが、一度食べるとやみつきになるほど美味しいトマトです。

 現在、JA邑楽館林とJAにったみどりで導入され「ブリックスナイン」として、19名の生産者により約222tの出荷があります。京浜市場を中心に全国25市場と取り引きされていて、都内の高級デパート等でも販売され、高糖度トマトの中においても不動の地位を確保しています。

ブリックスナインの特徴とは?
「ブリックスナイン」は果肉がしっかりしており、濃い赤に色付いています。甘さにこだわり濃厚な味のため、そのまま食べていただくのがベストです。黒酢醤油で召し上がると甘さが際立ちますし、カプレーゼなどでも美味しくいただけます。また、スムージーやケーキ等デザート感覚でも楽しめます。

ブリックスナイン産地のこだわり
「ブリックスナイン」は高糖度トマトの命である味(糖度・こく・酸味等)を高めるため、すべての圃場を生産者とJAや普及担当者がチェックしています。さらに、「ブリックスナイン」という商品名で糖度保証をうたっているため、出荷時に検査員が糖度検査を行うとともに、生産者も糖度を確認しながら1月中旬〜6月上旬に出荷しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  2. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  3. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  4. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  5. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  6. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  7. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  8. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  10. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  2. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  3. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  4. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
ページ上部へ戻る