住友商事、ブラジルにおける「農業生産マルチサポート事業」に参入

 住友商事は、ブラジル最大の穀倉地帯、マットグロッソ州の農業生産資材問屋「アグロ・アマゾニア社」の株式(65パーセント)を取得することで合意した。この出資により、住友商事はブラジルにおける「農業生産マルチサポート事業」に参入します。マットグロッソ州において、日本企業が本格的な農業関連投資を行うのは初めてのケースです。

 ブラジルは世界有数の農業大国であり、大豆の生産量は世界第2位、トウモロコシの生産量は世界第3位を誇ります(図1)。中でも中西部に位置するマットグロッソ州は、日本の2.5倍の広大な土地をもち安定した気候に恵まれていることから、大豆やトウモロコシ、肉牛や綿花を始めとする農畜産物の最大生産地となっています。

同州における大豆等の作付面積は近年大きく拡大しており(図2)、今後10年間も毎年4〜5パーセントの拡大が見込まれ、これに伴い農業生産資材(農薬・種子・肥料など)市場も毎年約5〜8パーセントの成長が期待されます。

住友商事、ブラジルにおける「農業生産マルチサポート事業」に参入

 アグロ・アマゾニア社は、1983年に設立され、唯一マットグロッソ州全域に展開する、同州最大級の農業生産資材問屋です。
大手農薬・種子・肥料メーカーの農業生産資材とともに畜産業向け資材を取り扱っており、販売先農家は2,500軒、畜産農家は14,000軒にのぼり、その広範な品揃えときめ細かな技術サービスや物流サービスは、サプライヤー・顧客から高い評価を得ています。

また、近年は今後の成長が期待される近隣州への進出も加速させており、当社参画後はさらなる事業基盤の拡大を進めます。市場の成長を取り込み、ファイナンス・物流・調達・マーケティングなどの当社機能を発揮することで、2019年までに売上高5億ドル(現在の2倍超)を目指します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  2. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  3. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  6. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  7. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  8. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  9. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  10. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  2. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  3. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  4. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
ページ上部へ戻る