NEC、オランダのデイコムと共同でルーマニアの農場で農業ICTの実証実験を実施

 NECと、オランダのIT企業であるDacom(本社:オランダ・エメン、以下 デイコム)は共同で、デイコムの農業ICTソリューションを活用した実証実験を、ルーマニアのじゃがいも農場で行いました。

NEC、オランダのデイコムと共同でルーマニアの農場で農業ICTの実証実験を実施

本ソリューションは、農場の温湿度や風向・風速などを測定、収集する環境センサーと、収集したビッグデータを分析するソフトウェアで構成されています。これらにより、農薬・殺虫剤などの化学薬品や、水などの資源の使用量を最適化し、収穫量を最大化しながら低コストに農作物を栽培することが可能になります。

 今回の実証実験の結果、ルーマニアのじゃがいも農場における化学薬品の使用量を、本ソリューションを導入しない場合と比較して最大40%削減したことを確認しました。また、NECとデイコムは共同で本ソリューションを、欧州・中東・アフリカにおける大規模経営農家を対象に販売します。

<背景>
 世界の人口は、現在と比較して2050年までに約20億人、約30%増加し、90億〜100億人に達すると予想されています。また、多くの人々が食生活の改善が見込まれることから、国連食糧農業機関(FAO)は世界全体の食糧需要の伸びについて、世界人口の増加率を上回る70%と推計しています。このような状況において、持続可能な経済成長を支えるためには、農業ICTソリューションの活用が必要とされています。

<デイコムの農業ICTソリューションについて>
 デイコムの農業ICTソリューションは、同社の気象センサー(気温、湿度、風速、風向き、降雨量、日照時間)と土壌センサー(水分量、地温)を農場に設置し24時間365日にわたって計測した環境データ、現地の気象予報、過去数年の栽培履歴などを、インターネットを通じてコンピュータ上に集約します。

これらのデータは、現地の農作物成長率や肥料・殺虫剤・吸水などのモデルと照合・分析されて、農作物の植え付け時期、肥料・農薬・殺虫剤など化学薬品の使用量、農業用水量、気象災害からの保護方法、収穫時期などのアドバイスとして農家に提示されます。

 これにより農家は、農作物の生育状況や気象条件に応じて、栽培プロセスの微調整や、与える化学薬品・水分量などの最適化などが可能となり、収穫量を最大化しながら低コスト・省資源で農作物を栽培することが可能になります。

<今回の実証実験について>
 NECはデイコムと共同で、ルーマニア中央部に位置するブラショフのじゃがいも農場において、本ソリューションを活用した実証実験を行いました。実験の結果、本ソリューションを導入しない農場と比較して、農薬・殺虫剤などの化学薬品の使用量を1ヘクタール当たり最大40%削減しました。また、形状が左右対称など、高品質なじゃがいもを栽培可能なことも確認しました。

<今後の展開>
 NECは今後、同社のビッグデータ分析技術を活用して、デイコムの収集した多種多様なデータを解析し隠れたパターンを発見することで、農業生産に必要な資源の使用量をより抑えコストを低減するなど、本ソリューションを改善する取り組みを進めます。また、農業投資を検討する銀行の意思決定支援や、食品取引所への正確な農作物情報提供などを目的に、農作物生産量データサービスについても提供を検討します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  2. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  3. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  8. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  9. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  10. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  2. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  3. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  4. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
ページ上部へ戻る