NEC、オランダのデイコムと共同でルーマニアの農場で農業ICTの実証実験を実施

 NECと、オランダのIT企業であるDacom(本社:オランダ・エメン、以下 デイコム)は共同で、デイコムの農業ICTソリューションを活用した実証実験を、ルーマニアのじゃがいも農場で行いました。

NEC、オランダのデイコムと共同でルーマニアの農場で農業ICTの実証実験を実施

本ソリューションは、農場の温湿度や風向・風速などを測定、収集する環境センサーと、収集したビッグデータを分析するソフトウェアで構成されています。これらにより、農薬・殺虫剤などの化学薬品や、水などの資源の使用量を最適化し、収穫量を最大化しながら低コストに農作物を栽培することが可能になります。

 今回の実証実験の結果、ルーマニアのじゃがいも農場における化学薬品の使用量を、本ソリューションを導入しない場合と比較して最大40%削減したことを確認しました。また、NECとデイコムは共同で本ソリューションを、欧州・中東・アフリカにおける大規模経営農家を対象に販売します。

<背景>
 世界の人口は、現在と比較して2050年までに約20億人、約30%増加し、90億〜100億人に達すると予想されています。また、多くの人々が食生活の改善が見込まれることから、国連食糧農業機関(FAO)は世界全体の食糧需要の伸びについて、世界人口の増加率を上回る70%と推計しています。このような状況において、持続可能な経済成長を支えるためには、農業ICTソリューションの活用が必要とされています。

<デイコムの農業ICTソリューションについて>
 デイコムの農業ICTソリューションは、同社の気象センサー(気温、湿度、風速、風向き、降雨量、日照時間)と土壌センサー(水分量、地温)を農場に設置し24時間365日にわたって計測した環境データ、現地の気象予報、過去数年の栽培履歴などを、インターネットを通じてコンピュータ上に集約します。

これらのデータは、現地の農作物成長率や肥料・殺虫剤・吸水などのモデルと照合・分析されて、農作物の植え付け時期、肥料・農薬・殺虫剤など化学薬品の使用量、農業用水量、気象災害からの保護方法、収穫時期などのアドバイスとして農家に提示されます。

 これにより農家は、農作物の生育状況や気象条件に応じて、栽培プロセスの微調整や、与える化学薬品・水分量などの最適化などが可能となり、収穫量を最大化しながら低コスト・省資源で農作物を栽培することが可能になります。

<今回の実証実験について>
 NECはデイコムと共同で、ルーマニア中央部に位置するブラショフのじゃがいも農場において、本ソリューションを活用した実証実験を行いました。実験の結果、本ソリューションを導入しない農場と比較して、農薬・殺虫剤などの化学薬品の使用量を1ヘクタール当たり最大40%削減しました。また、形状が左右対称など、高品質なじゃがいもを栽培可能なことも確認しました。

<今後の展開>
 NECは今後、同社のビッグデータ分析技術を活用して、デイコムの収集した多種多様なデータを解析し隠れたパターンを発見することで、農業生産に必要な資源の使用量をより抑えコストを低減するなど、本ソリューションを改善する取り組みを進めます。また、農業投資を検討する銀行の意思決定支援や、食品取引所への正確な農作物情報提供などを目的に、農作物生産量データサービスについても提供を検討します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  3. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  4. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  5. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  6. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  7. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  8. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  9. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  10. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  2. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  3. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  4. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
ページ上部へ戻る