三重県鈴鹿市に建設した太陽光利用のドーム型植物工場が6棟稼働、リーフレタスやセロリなどの出荷を開始(王子HD)

王子ホールディングスは、傘下の王子グリーンリソース(東京・中央)にて、グランパが開発ドーム型植物工場を昨年末に6棟建設し、2月中旬からレタス、セロリなどの葉物野菜の出荷を開始する。施設は、森林資源研究所(三重県鈴鹿市)の跡地に約3億円を投じて建設。太陽光利用のドーム型植物工場は直径約30メートルで、水を循環させるプール上で葉物野菜をメインに生産するシステムである。


同社はパルプ原料であるユーカリやアカシアの苗木の育成促進技術で強みを持つ。それを野菜栽培に応用して収穫時期を短縮。6棟全体の収穫量は1日約2400株で、提携先を通じて地元スーパーなどに販売する。初年度約1億円の売上高を見込む。また同社では植物工場を全国25カ所の製紙工場に併設する形で導入を検討する。製紙工場の廃熱や二酸化炭素(CO2)を活用すれば、燃料代など生産コストを抑えられるメリットもある、という。以下、同社によるプレスリリースの一部を掲載しておく。

植物工場設置と葉物野菜の栽培および販売の開始について

王子ホールディングス株式会社の100%子会社である王子グリーンリソース株式会社(本社:東京都中央区、社長:藤原省二)は、今般、最先端植物工場の開発と運営を手掛ける株式会社グランパ(社長:阿部隆昭、以下グランパ)と共同出資で農業法人を設立、三重県鈴鹿市にて太陽光利用型植物工場を設置し、本年2月よりリーフレタスなど葉物野菜の栽培および販売することとなりましたのでお知らせいたします。


1.事業の目的
王子グループは、事業構造転換施策として資源環境ビジネスの一層の拡大を図るため、新規事業の取り組みを進めていますが、この度、アグリビジネス分野へ進出することといたしました。

当社グループでは、林木育種の研究を進め、この技術を国内外で森林管理・植林事業へ活用してまいりました。更に昨年9月には、これまでに培った育種・育苗技術を応用・活用し、漢方薬原料となる薬用植物研究にも着手しています。このような研究技術とグランパが保有する最先端技術を融合することにより、安定した農業経営体の構築と新たな価値の創造を目指してまいります。
また、これらの取り組みを地域の生産者、生産団体および自治体等とも協力して行うことにより、地域農業の活性化に貢献していく考えです。


2.新会社および事業の概要
1)会社名:   王子グランパ株式会社
2)設立日:   2013年7月10日
3)本社所在地: 三重県鈴鹿市広瀬町(旧森林資源研究所跡地)
4)払込資本金: 120百万円(王子グリーンリソース75%、グランパ25%)
5)社長:    追永 洋
6)ドーム数:  6棟
7)栽培量:   2,400株/日
8)栽培品種:  バタビアレタス(グリーンリーフ)、ホワイトセロリ、 サラトリオ(3種レタス)など
9)販売先:   中部、京阪神地域

三重県鈴鹿市に建設した太陽光利用のドーム型植物工場が6棟稼働、リーフレタスやセロリなどの出荷を開始(王子HD)

(参考)株式会社グランパの概要
(1)設立日:   2005年9月17日
(2)本社所在地: 神奈川県横浜市中区 (3)払込資本金: 901百万円
(4)売上高:   13億円(2012年度)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  4. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  5. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  6. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  7. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  2. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  3. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  4. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
ページ上部へ戻る