シャープ株式会社、中近東での「植物工場」の事業化に向けたイチゴの実証実験を開始

シャープ株式会社は、中近東にある同社販売会社SMEF(アラブ首長国連邦ドバイ)の敷地内に、イチゴを栽培する「植物工場」の実験棟を2013年7月に設置し、9月から本格的な実験を開始した。今後、2015年3月まで実証実験を重ね、「植物工場」の事業化を目指す予定としている。


同社はドバイにある販売子会社の倉庫内にイチゴを最大で月3千個栽培できる設備を設置。専用に開発したLEDや空気浄化技術「プラズマクラスター」を活用八尾工場(大阪府八尾市)から遠隔操作で工場内の温度・湿度環境や光量などを制御する。


また、ドバイは日本に比べ植物工場を運営する場合の光熱費や人件費が安い。具体的には、日本での生産コストの4分の1程度に抑えられると見込んでいる。イチゴの栽培技術は、大阪府立大学との共同研究に基づいて行われている。


以下に同社によるプレスリリースを掲載する。

2013年9月20日

独自技術を活かした新規事業を展開。中近東での「植物工場」の事業化に向けた実証実験を開始


シャープは、中近東にある当社販売会社SMEF※1の敷地内に、イチゴを栽培する「植物工場」の実験棟を本年7月に設置し、9月から本格的な実験を開始しました。今後、実証実験を重ね、「植物工場」の事業化を目指してまいります。


日本産のイチゴは高級果物として中近東をはじめ海外で高い人気がありますが、傷みやすく日持ちしないことから、海外市場での流通が困難な状況です。栽培場所や季節、天候に左右されない「植物工場」でイチゴの栽培が実用化されれば、年間を通して新鮮なイチゴの「地産地消」が可能になります。


当実験棟は、密閉された完全人工光型の植物栽培施設です。LED照明を用いた光制御やプラズマクラスター※2技術を活用した施設内の空気管理、温度や湿度のモニタリングなど、当社が保有するエレクトロニクス技術を活用し、イチゴの生育環境をきめ細かく制御します。これにより、イチゴ栽培に必要なノウハウをデジタル化し、安定した生産と高い品質を実現します。


今後当社は、本実証実験で得た「植物工場」に関する技術やノウハウをベースに、工場のプラニングやモニタリングサービスからメンテナンスまでを提供する「植物工場」のエンジニアリング事業を、現地パートナー企業との連携により推進してまいります。


■ 実証実験の概要
目的:中近東における「植物工場」の事業化
期間:2013年7月〜2015年3月(予定)
栽培植物:イチゴ(日本産の糖度の高いイチゴ)
場所:SMEF※1敷地内に実験棟を設置
当社の技術:LED、プラズマクラスター※2技術など


・当実証実験は、大阪府立大学とのイチゴ栽培技術の共同研究に基づき進めています。
・当実証実験は、経済産業省が募集した「平成25年度中小企業経営支援等対策費補助金(農業成長産業化実証事業)」に採択されました。


※1:Sarp Middle East Free Zone Establishment(SMEF): アラブ首長国連邦ドバイに所在する販売会社
※2:プラズマクラスターはシャープ株式会社の登録商標です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  2. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  3. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  4. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  5. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  6. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  8. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  10. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  2. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  3. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  4. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
ページ上部へ戻る