植物工場でエコ飲み会・新横浜LED菜園にて「green drinksグリーンドリンクス」を7月11日に開催/キーストーンテクノロジーなど

植物工場開発・電子機器開発の株式会社キーストーンテクノロジーでは7月11日(木)に植物工場ショールーム・新横浜LED菜園にて「green drinks Kohoku(グリーンドリンクス港北)」を開催する。

植物工場で“エコ飲み会”
新横浜LED菜園で「green drinks(グリーンドリンクス)」開催

植物工場開発・電子機器開発の株式会社キーストーンテクノロジー(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長・CEO:岡崎 聖一)は、7月11日(木)、植物工場ショールーム・新横浜LED菜園にて「green drinks Kohoku(グリーンドリンクス港北)」を開催いたします。

「グリーンドリンクス」とは、環境やサステナビリティをテーマにした飲み会で、世界800都市以上、日本国内50ヶ所以上で開催されているグローバルなイベントです。

横浜北部の港北エリア(横浜市港北区・都筑区・青葉区・緑区など)においては、地域ニュースメディアの港北経済新聞がオーガナイザーとなり、港北エリア内外の人々の交流と同エリアの魅力再発見を目的に「グリーンドリンクス港北」を年数回開催しています。

今回会場となる新横浜LED菜園は、2013年4月にオープンした植物工場ショールームです。約22坪のスペースにLED植物栽培ユニット「5段式AGRI Oh!(アグリ王)」を12台設置し、リーフレタス換算で月産最大約15,000株(畑約1000坪分相当)の生産が可能です。

当日はLED菜園が見えるスペースで交流イベントを行うと同時に、同菜園のご紹介ならびにLED菜園で採れた野菜を試食していただくことで、環境やサステナビリティに関心の高い参加者の方々に、植物工場について広く知っていただき、植物工場のこれからについて共に考えていきます。

<グリーンドリンクス港北 開催概要>
■ 日時:2013年7月11日(木)19:00〜21:00(18時開場)
■ 会場:新横浜LED菜園(奈良建設本社内、横浜市港北区新横浜1-13-3)
JR・横浜市営地下鉄新横浜駅徒歩10分
※お車の場合は、駐車場はご用意がありませんので、近隣の駐車場をご利用ください。
[地図URL] http://bit.ly/1aUV2Hr

■ 参加費:500円(野菜の試食付き)
※試食分はご用意しますが、ポットラック形式でそれぞれ自分のお飲み物やアルコール、食べ物などは持ち寄りください。
※ゴミもお持ち帰りをお願いします。
■ 定員:40名
■ 参加申込URL:http://bit.ly/13hW139
※港北エリア以外の方もどなたでもご参加いただけるイベントです。
■ 運営:
株式会社キーストーンテクノロジー
株式会社アグリ王
港北経済新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  2. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  3. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  4. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  2. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  3. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  4. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
ページ上部へ戻る