マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性

 太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出や現地生産を視野に入れている企業も存在するだろう。弊社では、市場調査も兼ねた視察コーディネートサービスを行っているが、その一環としてマレーシア市場の調査結果を一部、紹介しておく。

 マレーシアのスーパーマーケットに並ぶイチゴは、そのほとんどが韓国とアメリカから輸入されたものである。あるスーパーで販売されていた商品価格は、輸入品が1パックあたり20RM(約600円)地元産が10RM(約300)であった。ローカルの一般的な外食価格が5RM(約150円)であることを考えると、イチゴは高級品であることがわかる。

どの商品も品質はあまり良いとはいえず、現地のマレーシア人は「酸っぱくておいしくない」という。特に輸入品は、長距離の輸送に耐えられるように表皮の硬い品種が使用されており、酸味が強い。あまりにも甘味がないので、チョコフォンデュにして食べることもある、という。

しかし、イチゴは人気がないわけでは決してない。スーパーなどの販売棚には、常時100パック近くが陳列され、セールのときには一度に6パックほどをまとめて購入する人もいるくらい、マレーシアではポピュラーな果物である。

マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
<左:アメリカ産イチゴ、右:地元スーパーにおける陳列の様子>

例えば、マレーシア伊勢丹KLCC店では、日本の「さがほのか」が並んでいるのを見ることができたが、1パック40RM(1200円)もする超高級品であった。1戸の農家と契約しているため、仕入れは不定期であり、農家にストックがあるときのみ仕入れを行っている、とのこと。

「日本の品質のイチゴを安価に提供してもらえるなら喜んで店頭に並べる」高級スーパーマーケットMercatoのマネージャーはそう語る。大手小売チェーン店の進出が進んでいるマレーシアでは、現地でのコールドチェーンなど近代的な流通網が整備されつつある。

同国ではイチゴの生産・販売事業に大きなビジネスチャンスが眠っており、日本国内からの輸出と同時に、現地の嗜好にマッチした商品を低価格で提供するためにも、現地生産も視野に入れる必要があるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  3. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  4. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  6. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  7. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  8. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  9. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  10. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  2. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  4. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
ページ上部へ戻る