マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性

 太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出や現地生産を視野に入れている企業も存在するだろう。弊社では、市場調査も兼ねた視察コーディネートサービスを行っているが、その一環としてマレーシア市場の調査結果を一部、紹介しておく。

 マレーシアのスーパーマーケットに並ぶイチゴは、そのほとんどが韓国とアメリカから輸入されたものである。あるスーパーで販売されていた商品価格は、輸入品が1パックあたり20RM(約600円)地元産が10RM(約300)であった。ローカルの一般的な外食価格が5RM(約150円)であることを考えると、イチゴは高級品であることがわかる。

どの商品も品質はあまり良いとはいえず、現地のマレーシア人は「酸っぱくておいしくない」という。特に輸入品は、長距離の輸送に耐えられるように表皮の硬い品種が使用されており、酸味が強い。あまりにも甘味がないので、チョコフォンデュにして食べることもある、という。

しかし、イチゴは人気がないわけでは決してない。スーパーなどの販売棚には、常時100パック近くが陳列され、セールのときには一度に6パックほどをまとめて購入する人もいるくらい、マレーシアではポピュラーな果物である。

マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
<左:アメリカ産イチゴ、右:地元スーパーにおける陳列の様子>

例えば、マレーシア伊勢丹KLCC店では、日本の「さがほのか」が並んでいるのを見ることができたが、1パック40RM(1200円)もする超高級品であった。1戸の農家と契約しているため、仕入れは不定期であり、農家にストックがあるときのみ仕入れを行っている、とのこと。

「日本の品質のイチゴを安価に提供してもらえるなら喜んで店頭に並べる」高級スーパーマーケットMercatoのマネージャーはそう語る。大手小売チェーン店の進出が進んでいるマレーシアでは、現地でのコールドチェーンなど近代的な流通網が整備されつつある。

同国ではイチゴの生産・販売事業に大きなビジネスチャンスが眠っており、日本国内からの輸出と同時に、現地の嗜好にマッチした商品を低価格で提供するためにも、現地生産も視野に入れる必要があるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  2. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  3. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  4. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  5. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  6. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  9. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  10. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日本の農産物加工・伝統食品など物販可能な展示会がオーストラリア・シドニーにて開催
     2017年6月23日~6月25日までの3日間、オーストラリアのシドニーにて「グッドフード&ワインシ…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  4. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
ページ上部へ戻る