マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性

 太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出や現地生産を視野に入れている企業も存在するだろう。弊社では、市場調査も兼ねた視察コーディネートサービスを行っているが、その一環としてマレーシア市場の調査結果を一部、紹介しておく。

 マレーシアのスーパーマーケットに並ぶイチゴは、そのほとんどが韓国とアメリカから輸入されたものである。あるスーパーで販売されていた商品価格は、輸入品が1パックあたり20RM(約600円)地元産が10RM(約300)であった。ローカルの一般的な外食価格が5RM(約150円)であることを考えると、イチゴは高級品であることがわかる。

どの商品も品質はあまり良いとはいえず、現地のマレーシア人は「酸っぱくておいしくない」という。特に輸入品は、長距離の輸送に耐えられるように表皮の硬い品種が使用されており、酸味が強い。あまりにも甘味がないので、チョコフォンデュにして食べることもある、という。

しかし、イチゴは人気がないわけでは決してない。スーパーなどの販売棚には、常時100パック近くが陳列され、セールのときには一度に6パックほどをまとめて購入する人もいるくらい、マレーシアではポピュラーな果物である。

マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
<左:アメリカ産イチゴ、右:地元スーパーにおける陳列の様子>

例えば、マレーシア伊勢丹KLCC店では、日本の「さがほのか」が並んでいるのを見ることができたが、1パック40RM(1200円)もする超高級品であった。1戸の農家と契約しているため、仕入れは不定期であり、農家にストックがあるときのみ仕入れを行っている、とのこと。

「日本の品質のイチゴを安価に提供してもらえるなら喜んで店頭に並べる」高級スーパーマーケットMercatoのマネージャーはそう語る。大手小売チェーン店の進出が進んでいるマレーシアでは、現地でのコールドチェーンなど近代的な流通網が整備されつつある。

同国ではイチゴの生産・販売事業に大きなビジネスチャンスが眠っており、日本国内からの輸出と同時に、現地の嗜好にマッチした商品を低価格で提供するためにも、現地生産も視野に入れる必要があるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  5. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  6. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  7. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  8. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  9. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  10. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  2. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  3. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  4. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
ページ上部へ戻る