植物工場野菜の共通ブランド化による展開。衛生基準などを満たした野菜に付与し、露地野菜との差別化を図る

財団法人社会開発研究センター植物工場・農商工専門委員会は12月14日、光や温度などを人工制御する植物工場の無農薬野菜を「植物工場やさい」の名称で共通ブランド化すると発表した。露地栽培の野菜と差別化を図るのが狙い。同ブランドは、植物工場で無農薬栽培され、なおかつ同委員会の定める衛生基準を満たした野菜に付与される。
植物工場によって生産された一定品質以上の野菜は高い歩留り率や加工・調理工程の大幅低減などのメリットが生かせる。露地モノのレタスでは最終歩留りが50%程度になる一方で、植物工場やさいは一般的に90%以上となる。同委員会は「植物工場で作る野菜の品質の高さが、もっと消費者に知られれば、価格差以上のメリットを感じてもらえる」(石原隆司事務局長)と判断。共通ブランド化に踏み切った。ロゴは武蔵野美術大学 宮島慎吾氏が担当「先生野菜を栽培するパレットからのびる双葉をイメージしたもの」という。
現在は関西鉄工スマイルリーフスピカニシケン日本蓄電器工業といった生産法人4社がブランドへの参加を決めており、早ければ来年1月にも、同ブランドのレタスやハーブ類が、東京都内のスーパーや百貨店などに出荷され、店頭に並ぶ。来年中には参加法人を20社までに増やす計画
農林水産省によると、2009年に全国で約50カ所だった植物工場は、政府支援なども呼び水に、異業種の参入が相次ぎ、12年3月に127カ所まで増加した。矢野経済研究所によると、植物工場で作られるレタス類の市場規模は、08年度の約28億円から15年度に112億円、20年度には288億円まで拡大すると試算される。(参考:産経新聞、社会開発研究センター植物工場・農商工専門委員会ウェブサイトより)
]]>