植物工場野菜の共通ブランド化による展開。衛生基準などを満たした野菜に付与し、露地野菜との差別化を図る

財団法人社会開発研究センター植物工場・農商工専門委員会は12月14日、光や温度などを人工制御する植物工場の無農薬野菜を「植物工場やさい」の名称で共通ブランド化すると発表した。露地栽培の野菜と差別化を図るのが狙い。同ブランドは、植物工場で無農薬栽培され、なおかつ同委員会の定める衛生基準を満たした野菜に付与される。


植物工場によって生産された一定品質以上の野菜は高い歩留り率や加工・調理工程の大幅低減などのメリットが生かせる。露地モノのレタスでは最終歩留りが50%程度になる一方で、植物工場やさいは一般的に90%以上となる。同委員会は「植物工場で作る野菜の品質の高さが、もっと消費者に知られれば、価格差以上のメリットを感じてもらえる」(石原隆司事務局長)と判断。共通ブランド化に踏み切った。ロゴは武蔵野美術大学 宮島慎吾氏が担当「先生野菜を栽培するパレットからのびる双葉をイメージしたもの」という。


現在は関西鉄工スマイルリーフスピカニシケン日本蓄電器工業といった生産法人4社がブランドへの参加を決めており、早ければ来年1月にも、同ブランドのレタスやハーブ類が、東京都内のスーパーや百貨店などに出荷され、店頭に並ぶ。来年中には参加法人を20社までに増やす計画


農林水産省によると、2009年に全国で約50カ所だった植物工場は、政府支援なども呼び水に、異業種の参入が相次ぎ、12年3月に127カ所まで増加した。矢野経済研究所によると、植物工場で作られるレタス類の市場規模は、08年度の約28億円から15年度に112億円、20年度には288億円まで拡大すると試算される。(参考:産経新聞、社会開発研究センター植物工場・農商工専門委員会ウェブサイトより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  2. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  3. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  4. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  5. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  6. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  7. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  9. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  10. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
ページ上部へ戻る