マルエツは食品スーパーで中国市場に進出。家電量販店ラオックスの親会社である蘇寧電器と共同で事業展開・香港に合弁会社設立

マルエツは8月21日、中国の食品スーパーに参入すると発表した。中国の家電量販店大手である蘇寧電器(江蘇省)と香港に合弁会社を設立し、来夏に1号店を江蘇省内に出店する。今後5年間で100店舗に拡大する計画。新会社「丸悦(香港)」は9月の設立予定で、資本金は2億香港ドル(約20億4800万円)、出資比率はマルエツ70%、蘇寧グループ30%となっている。     同社を通じて中国本土に現地法人を設立し、蘇寧電器の持つ物件情報や物流網を活用し、一般スーパー「マルエツ」や小規模都心型の「マルエツプチ」、高級スーパー「リンコス」を展開する。1号店は「リンコス」で、蘇寧が同省無錫(むしゃく)市に来年5月開業予定の複合商業施設内に入居する。以降も同省を中心とする華東地域で、蘇寧の施設などに出店する。     あわせてマルエツは、日本国内で蘇寧傘下の家電量販店、ラオックスと業務提携することも発表した。食料品や家電品の相互供給、出店協力などを行う。業績が悪化していたラオックスは、2009年6月に蘇寧電器と資本業務提携を締結、2011年には追加出資を受け同社の傘下に入っている。    ]]>