既存レタスとの差別化・オランダからサラノバレタスの栽培契約により販売先の拡大へ。地域農業の活性化を目指し大規模・法人化を計画(奥宇陀蔬菜研究会)

奈良県宇陀郡曽爾村の生産者グループ「奥宇陀蔬菜研究会」では既存のレタスとは異なるオランダ産のレタス(サラノバレタス)の栽培に取り組み、販売先を拡大している。周辺地域では、ホウレンソウ産地で知られるが農家の高齢化や競争激化などを背景に担い手の減少が進んでおり、こうした地域の課題を克服しようと化学肥料や農薬に頼らない農法による農業のあり方を模索していた。
 
 
こうした中、大阪の農産物展示会でオランダの種苗会社ライク・ズワーン社が開発したレタス品種群「サラノバレタス」を発見し、導入を決意した。生産にはライク社との契約が必要なため、厳しい基準を満たそうと1年がかりで交渉。5年前に認可を得て本格生産を始めた。近畿の生産者は研究会を含む2社となっている。
 
 
栽培は品質と安全管理の観点から有機肥料を使い栄養分が豊富な土(土耕栽培)で行う。包装も型崩れしない真空パックを採用するなど工夫を凝らした初年度は5千株程度を出荷し、百貨店の食品売場の一画を借りて販売を始めた。「約2年間は泣かず飛ばずで厳しかったが、卸業者や飲食店などへ地道な営業活動を行い口コミで評判が拡大。次第に取り引き依頼が相次ぐようになった」という。
 
 
サラノバを採用した奈良市のフランス料理店「Bistrot Le CLAIR(ビストロ ル・クレール)」の吉崎公浩オーナーシェフは「独特の外観や甘味のある味など個性的なレタス。品質も良く食の魅力を高める」と評価する。現在、サラノバレタスは全国10社以上の事業者に納入。出荷数は年10万株と当初の20倍に増えた。今では生産量の3倍を超える需要があるという。同研究会はサラノバの増産に乗り出すとともに地域の農業活性化策を計画。近くグループを法人化し、地域の空き家や耕作放棄地を管理・若手の新規就農者を募って研修を実施する予定である。<参考:奈良新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. オランダにて中国版植物工場・日光温室が稼働。アジアの高湿度環境に対応可能な栽培技術を取得へ
     オランダのワーヘニンゲン大学を中心としたチームは4月12日、中国版の太陽光利用型植物工場をオランダ…
  2. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  4. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  5. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  8. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  9. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  10. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  2. 世界最大の屋上型・植物工場を展開するLufa Farmsが最新施設をオープン
     カナダのモントリオールを拠点とし、屋上スペースに太陽光利用型植物工場を稼働させているLufa Fa…
  3. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  4. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
ページ上部へ戻る