サトウキビのカスといった沖縄県内の未利用資源を活用・微生物を利用した土壌浄化技術の開発(国場組・沖縄大学)

沖縄県の建設大手、国場組(那覇市、国場幸一社長)は琉球大学などと共同で、微生物を活用し土壌を浄化する技術の開発に着手した。土壌に養分を加えて微生物の分解作用を活性化するもので、養分には黒砂糖の製造に使ったサトウキビのカスなど廃棄されていた地元資源を再利用する予定2014年度までの実用化を目指す。廉価な土壌浄化技術を確立することで海外展開も視野に入れる。


浄化技術は「バイオスティミュレーション」と呼ばれる方法で、もともと土壌に生息している微生物に養分を与えて活性化し、石油や薬品など有機物の分解を促進する。微生物の養分には、琉球石灰岩や製糖に使用したサトウキビのカス、泡盛製造の過程で出た廃でんぷんなどを検討。12年度中に汚染土壌や微生物の特徴を調査。13年度には最適な養分を選定する。


サトウキビのカスといった県内の未利用資源を活用、1平方メートル当たりの処理費用を1万〜3万円程度に抑える。当面はガソリンスタンドや自動車整備工場の跡地などでの利用を想定。

同社は「今後は米軍施設の返還などで、大規模な浄化処理需要が出てくる」とみている。現状では、汚染土壌を沖縄県外に搬出して加熱するといった方法がとられていた。そのため、処理には運搬コストがかかり、処理費用は1平方メートル当たり5万〜7万円程度に上るという。


沖縄県は土壌の性質や気候条件が本土と大きく違っており、同県内での浄化技術も未確立だった。同社は植物を植えて重金属を除去する技術も研究している。新技術の実用化後、17年度をめどに、気候環境が似ている中国本土や東南アジアにも同様な浄化技術を売り込む。(参考:日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  2. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  3. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  4. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  5. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  9. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  10. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  2. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  3. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  4. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
ページ上部へ戻る