imaと茨城県行方市、シラウオの鮮度を評価するAI開発へ

DX化を支援する株式会社imaとシラウオの漁獲量全国2位を誇る茨城県で霞ケ浦沿岸に位置する行方市は、シラウオの鮮度に着目し、鮮度を客観的に評価するAIの開発、認証制度の構築などに取り組む「霞ヶ浦シラウオ×AI」プロジェクトを始動させる。

imaと茨城県行方市、シラウオの鮮度を評価するAI開発へ
本プロジェクトにより、霞ヶ浦シラウオの付加価値を高め、新たな販路開拓、市場価格へのアプローチを同時に行うことで、漁獲量頼みの経営に変革をもたらし、水産資源の有効活用を目指します。

茨城県南東部に位置する霞ヶ浦は日本で2番目に大きい湖ですが、近年、湖魚(かわざかな)の国内市場の減少や価格低迷の常態化、漁業者の高齢化や担い手不足による漁業者の減少などを背景に、水産資源の有効利用を持続的に行っていくことが難しい現状にあります。

国内の漁獲量をみても、年々減少しており、水産業を持続可能にするため、今後は適切な資源管理を行っていく必要が出てきております。

行方市周辺のエリアには魚市場がなく販路が限定されて価格の変動が少ないため、漁獲量頼みの経営をする漁業者がほとんどですが、シラウオを鮮度良く出荷することにこだわり、長年取り組んできた漁業者も中には存在します。

そうした漁業者の取り組みを実らせ、漁獲されたシラウオの高付加価値化を図るため、シラウオの鮮度をAIにより客観的に評価する「霞ヶ浦シラウオ×AI」プロジェクトは始まりました。

都内に近い地理的な強みを活かし、鮮度の良いシラウオの高級飲食店等への当日配送を実現することで、ブランド化(高付加価値化)を図り、漁業所得向上や水産資源管理に貢献してまいります。


鮮度評価にあたっては、本プロジェクトを統括するimaとAIを中心とした最新テクノロジーを用いたビジネス構築を支援する株式会社KICONIA WORKSが連携しAIによってシラウオの鮮度を客観的に評価するシステムを構築しました。

大量のシラウオの画像データをもとに、目利きのある漁業者の知見をもってアノテーション(等級ラベル付け)を実施し学習データを収集。

その学習データを活用してAIによる分類モデルを作成し、来年7月に始まるシラウオ漁から客観的評価を開始する予定です。さらに、この客観的評価をもとにして行方市の協力のもと認証制度の創設を目指してまいります。

今後、茨城県の農林水産部や近畿大学の農学部水産学科、東京農業大学の生物産業学部とも連携を図り、データによる品質評価から更なる品質向上などに取り組むと共に、行政や専門家によるチーム体制(技術/知財/ブランディング)を構築して漁業経営支援などにも取り組み、水産資源の有効活用、地域経済の発展や持続可能な社会の実現を目指してまいります。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。