ハリマ化成、植物工場による農福連携・障がい者雇用モデルに参入

ハリマ化成グループ株式会社の子会社、ハリマ化成株式会社は、人工光型・植物工場を活用した農福連携・障がい者雇用モデルに参入する。

障がいのある従業員3名を新たに採用し、2021年9月24日を以って「わーくはぴねす農園」事業に参画し、「ハリマファーム」をオープンさせた。

ハリマ化成、植物工場による農福連携・障がい者雇用モデルに参入
障がいを抱える方を総合的に支援するサービスを提供する株式会社エスプールプラスが、今春に大阪に初進出し、摂津市にソーシャルファーム(企業向け貸し農園)を開業しました。

人工光型・植物工場(屋内型農園)で野菜の栽培をする仕事で、安心して自分らしく働ける場を提供しています。

現在、全国で350社以上の企業との連携を通じて、福祉就労での働き方ではなく、企業への就労となる多様な方々の雇用機会の創出を図っています。

当社は、新たに採用する従業員を本農園敷地内にある「ハリマファーム」に派遣し、水耕栽培農業に携わっていただくことにより、社会とつながる機会を得て、働きがいを持って活躍できることを目指しています。

さらに、収穫物は兵庫県加古川市にある当社製造所の社員食堂で活用する他、子供食堂などに寄付する予定です。


当社は、長年にわたり障害者の法定雇用率を上回って障がいのある方の雇用を継続してきました。
ハリマ化成、植物工場による農福連携・障がい者雇用モデルに参入
近年、従業員数が増加しつつある中、障害者雇用率は減少傾向にありますが、働き方の多様化の流れを受け、経済的自立に寄与すると共に、積極的に地域社会貢献に取り組んでまいります。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。