タムロン、シャッターレス小型遠赤外線カメラモジュール3機種を発売

総合光学機器メーカーの株式会社タムロンは、熱画像と温度計測の両立を実現したシャッターレス小型遠赤外線カメラモジュールを2020年8月28日に発売する。

一般的な遠赤外線カメラモジュールは、定期的にメカニカルシャッターを切り、リファレンスデータを取得することで、温度精度を保ち熱画像の安定化を実現しています。しかし、シャッター駆動時にシャッター音が発生して画像が途切れてしまう課題と、メカニカルシャッター自体に耐久性の課題がありました。

このたびタムロンは、温度変化時の温度再現性に優れたアモルファスシリコンを使用した遠赤外センサーを採し、これまで培ってきた画像処理技術、光学技術を融合させて、メカニカルシャッターによるキャリブレーションを必要としない「シャッターレス遠赤外線カメラモジュール」を開発しました。

このたび、焦点距離別に3機種の同時発売となります。

タムロン、シャッターレス小型遠赤外線カメラモジュール3機種を発売
商品名    LW10F90-E / LW10F42-ET / LW10F12-ET
発売日    2020年8月28日
希望小売価格 オープン


遠赤外線カメラモジュールは、暗闇の中でも温度を感知して映像化できるため、安眠を妨げない看護や介護等の「見守り」、照明器具がなくても夜間の監視を可能とする「人感検知」、設備機器管理等の「温度異常検知」の使用用途に活用されています。

このたび、シャッターレスの遠赤外線カメラモジュールを開発したことにより、シャッター音が無く、画像の途切れがない「見守り」、「人感探知」、「温度異常検知」を実現することが可能となります。


さらに昨今では、畜産や農業分野での温度管理や産業用途での温度計測等、様々な分野にて適切な温度管理を求める需要が高まっています。これらの市場要求に対応するために、タムロンとしては3種類の異なる焦点距離のレンズを搭載した遠赤外線カメラモジュールを発売します。

温度計測については、タムロン独自の温度演算処理を行うことにより、シャッターレスという厳しい条件の中で温度精度±2℃(※1)を実現しています。

※1 : 測定対象温度:10-60℃が条件


【畜産事例(牛舎での分娩予兆管理】
タムロン、シャッターレス小型遠赤外線カメラモジュール3機種を発売

■製品特長
1. 異なる焦点距離のレンズラインナップ

広角から中望遠領域までカバーする幅広い使用環境に対応可能な3種類のレンズ搭載カメラをご用意。

商品名        LW10F90-E
焦点距離(水平画角) f=1.9mm (90°)
最短撮影距離     80cm


商品名        LW10F42-ET(※2)
焦点距離(水平画角) f=3.7mm (42°)
最短撮影距離     50cm


商品名        LW10F12-ET(※2)
焦点距離(水平画角) f=13 mm (12°)
最短撮影距離     50cm

※2 : LW10F42-ET/LW10F-12-ET : フォーカス調整機構搭載


2. 熱画像と温度計測の両立を実現
高性能レンズを採用し、さらにシャッターレスの条件下でタムロン独自の温度演算処理を行うことにより、画素ごとの温度計測(※3)を実現しています。熱画像と温度データーの両方の出力が可能です。
※3 : LW10F90-E : 中心領域のみの温度計測


3. シャッターレス機能を搭載
シャッターレスのため、シャッター音が発生せず、途切れのないスムーズな画像出力が可能となります。

さらに、メカニカルシャッターを搭載していないため、シャッターに起因する機械的故障が発生しません。


4. 防塵・防滴対応
様々な産業用途でご使用いただくために、防塵・防滴に対応する機構を採用しております。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。