アサヒ、北海道余市町に日本ワイン用ぶどう畑の農地を2ha追加取得

 アサヒビール株式会社は、農業生産法人「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤード株式会社」を通じて、2019年1月25日に北海道余市郡余市町梅川町にぶどう用農地を2ha追加取得した。

2017年3月に取得した4haの農地の隣に位置する土地で、今後、日本ワイン用ぶどうの栽培に活用する。

アサヒ、北海道余市町に日本ワイン用ぶどう畑の農地を2ha追加取得
アサヒ、北海道余市町に日本ワイン用ぶどう畑の農地を2ha追加取得
アサヒビール(株)では、山梨県にワイン製造子会社「サントネージュワイン株式会社」を所有しており、山梨県にある1haとあわせて、自社畑は合計で7haに拡大しました。

また、株式会社DACホールディングスの傘下で、余市町の隣町である仁木町にワイナリーを所有する一般農業法人「株式会社NIKI Hillsヴィレッジ」と、2018年8月にワイン製造・ぶどう作りに関する包括業務提携を締結しました。

2017年に取得した余市町の自社畑4haでは、2018年5月より本格的なヨーロッパ品種である「ピノ・ノワール」「ピノ・グリ」「ケルナー」を5,600本植樹しました。

2019年5月に追加で5,000本を植樹し、2023年にファーストヴィンテージとして約2,000箱の発売を予定しています。新たに取得した2haでは2019年3月から整地を始めます。

アサヒビール(株)では今後も積極的に農地の取得を検討し、合計10ha以上の自社畑を目指します。2025年には、アサヒビール(株)全体の日本ワイン販売数量を現在の約7,000箱から20,000箱規模に拡大していく考えです。


【株式会社NIKI Hillsヴィレッジ概要】
社名:一般農業法人 株式会社NIKI Hillsヴィレッジ
所在地:北海道余市郡仁木町旭台148-1
設立:2015年1月22日
代表取締役社長:石川 和則
事業内容:ワイン用ブドウ類の栽培、ワイン及び蒸留酒の製造・販売、ワイン等醸造事業に関するコンサルティング、農産物及び農産物加工品の製造・販売 など

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。