阿部梨園、農家の経営改善ノウハウを独自メディアにて公開

 経営ノウハウのオープン化によって、農家の経営改善の可能性に注目を集めたい、阿部梨園(栃木県宇都宮市)は、自園の行った500件以上の小さな経営改善/業務改善から厳選した300件の経営改善実例を公開した。

阿部梨園、農家の経営改善ノウハウを独自メディアにて公開
これは昨年末、資金調達と賛同者募集を目的にしたクラウドファンディングによって、320人以上から総額約450万円という多額の支援を得て達成されたプロジェクトです。

個人農家が実例を通して学べる、実践的な内容が網羅されています。いま話題の働き方改革に農業の現場からも呼応するべく、差別化要因を敢えて一般公開することで一石を投じます。


オンラインメディア概要
阿部梨園は個人経営の梨農家です。経営上の課題を乗り越えるため、東大卒の現マネージャー佐川を迎え入れ、二人三脚で500件以上の大小様々な業務改善を行いました。

それによりわずか3年で当初抱えていた問題の大半が解決し、スマートな生産管理、経営管理、そしてブランド化に成功しました。ほぼ全ての梨を阿部梨園ブランドで完売しています。

当園が乗り越えてきた課題は、農業生産者に共通のものです。農業経営書籍、行政や組合の指導では触れられない小さなノウハウにこそ、大きな改善の余地があることを私たちはビジネスとして実証いたしました。

目の前のささいな課題に向き合い解決していく小さい変化に、個人農家としての活路を見出しています。


本プロジェクトでは、私たちの数百件の改善ネタ帳の中から一般性のあるものを可能なかぎり多く選び、オンラインメディアを制作し公開しました。

サイトリリースと同時に100件の記事を公開し、クラウドファンディングプロジェクトの公約である残り200件は順次追加します。


本サイトの特長は以下のとおりです。

1. すべて個人経営の農家である阿部梨園が取り組んだ実例です。
農業外の知見や生産法人レベルの取り組みではなく、農家の実態に即した農家目線の実例集です。

2. 小さく細分化されたノウハウの集合です。
要素分解されているため、自由に組み合わせてどこからでも好きなように取り組むことができます。

3. 一貫性をもって広範囲をカバーしています。
一貫したコンセプト、単一の事業体で実施された例であるため、方針に矛盾がありません。生産技術以外の経営、雇用、販売、ブランディングなどを幅広く網羅しています。また、経営改善/業務改善の考え方やアプローチを学べるコンテンツにもなっています。


クラウドファンディングプロジェクト概要
クラウドファンディングプロジェクトは2017年11月13日(月)に公開され、初期目標金額100万円を初週で達成いたしました。

その後、12月25日の募集終了までに、320人以上から総額約450万円という多額の支援が寄せられました。また、メディアにも多数取り上げていただきました。

この反響の大きさは、小さいノウハウを求める農業者からの切実な需要が大きかったことや、農業界の変革を期待する世間からの期待が、多数寄せられたものであるといえます。

● 詳細ページ: http://tips.abe-nashien.com

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。