カゴメ、需要が拡大する西アフリカ市場の戦略拠点としてセネガルに加工用トマトの営農会社を設立

 カゴメ株式会社は、セネガルにおいて、加工用トマトの栽培・仕入れ・販売を担う営農会社「Kagome Senegal Sarl」を2017年12月1日設立を予定している。

当社グループ会社が保有する種子や栽培技術等の農業技術資源を用いて、セネガルに新たな加工用トマト産地を形成します。

また、将来的には同国においてトマト加工品の製造まで事業領域を拡大し、同国及び西アフリカ諸国経済共同体(以下ECOWAS)域内のトマト加工品市場への参入を目論みます。

カゴメ、需要が拡大する西アフリカ市場の戦略拠点としてセネガルに加工用トマトの営農会社を設立カゴメ、需要が拡大する西アフリカ市場の戦略拠点としてセネガルに加工用トマトの営農会社を設立
 ECOWAS域内でトマトペーストは、基礎調味料として食文化に深く根付いており不可欠な食材となっております。しかしながら加工用トマトの栽培技術が未熟なこと、病虫害ストレスが高いこと等により、品質・量ともに十分な栽培が出来ておりません。その為、域内で消費されているトマト加工品の大半を海外からの輸入に依存している状態です。


 当社は国際協力機構(JICA)の「協力準備調査」を活用し、2014年から2017年までセネガルにおけるトマト栽培・加工事業の可能性について調査を行ってまいりました。

また2016年3月にはポルトガルに、加工用トマトの新産地形成及び新たな栽培技術の確立を目指す「カゴメアグリビジネス研究開発センター」を開設し、セネガルにおける加工用トマトの営農事業の可能性について研究を続けてまいりました。

2017年からは日本貿易振興機構(JETRO)の「アフリカビジネス実証事業」の認定も受けております。


 その結果、同国は他ECOWAS加盟国と比較して、トマトの栽培に適した地域があること、政情が安定しており治安面でのリスクが低いこと、また同国は勿論、近隣にはナイジェリアやガーナなど有望なトマト加工品市場が存在することなどから、ECOWASにおけるトマト事業開発拠点として適していると判断致しました。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。