オイシックスと大地を守る会の経営統合、農業競争力強化支援法第1号案件として認定

 有機・特別栽培の農産物や無添加加工食品などの食品宅配を展開するオイシックス株式会社(2017年7月1日よりオイシックスドット大地株式会社に社名変更)と、株式会社大地を守る会の、本年10月1日に控えた経営統合が、農業競争力強化支援法の規定に基づき、農林水産省より第1号案件として認定された。

これにより、支援措置として税制特例(設備投資に係る割増償却)を受けることとなりました。また、認定により、オイシックスと大地を守る会の経営統合において

・インターネット販売等に係るマーケティングのノウハウ等の共有による販売促進の強化や顧客利便性の向上、生産者の販売機会の拡大
・消費者のニーズの多様化に応じた付加価値商品の開発・生産・販売を通じた生産者の経営の安定・発展
・サプライチェーンで共通する部分の共有や効率化による利益率の向上

などを実現し、今後の農業界が果たすべき競争力の強化と健全な発展への貢献を期待されることとなりました。


■ 経営統合の意義について
オイシックスと大地を守る会の経営統合により両社の売上合計は360億円(2017年3月期)となり、成長を続ける食品宅配市場において、自然派食品宅配のナンバーワンとなります(グラフA参照※2016年度実績)。

オイシックスと大地を守る会の経営統合 農業競争力強化支援法第1号案件として認定
オイシックスの契約生産者数(農産生産者数/2017年3月末時点)は約1,200、大地を守る会は1,500であり、全国に2,700名の農産生産者をネットワークする企業となること、一方でオイシックスの会員数は約13万7,000人、大地を守る会の会員数は約4万6,000人であり、合計約183,000人(2017年3月末時点)となり、今後伸長が見込まれる食品宅配市場を牽引する企業として日本全国の産地と食卓をワンストップで繋ぐ機能を果たしてまいります。


■ 認定の根拠となる具体的内容
【農産物等流通の合理化】

 食品関連分野のEC化率は、他分野に比較して非常に低いと言えます(図「国内の分野別EC市場規模とEC化率」参照)。

オイシックスと大地を守る会の経営統合、農業競争力強化支援法第1号案件として認定
マーケティングのノウハウや販売サイトの共有、食品の相互供給等による売上の拡大や、カタログ販売を中心とした大地を守る会の販売方法のインターネット販売比率を40%台から2020年度に60%台に向上させる等により、取引先約2,700の農産生産者の増加等を通じた生産者の販売機会を拡大します。

共働き家庭や働く女性の増加を背景に好評をいただき、2013年7月の発売以来、シリーズ総出荷数が600万(2017年6月末時点)を突破している時短ミールキットはさらなる顧客の拡大等による需要増加に対応し、製造工場の生産力を2.5倍に増強する等により、付加価値のある商品の開発・生産及び販売の拡大を図り、農産物の調達量の増大等を通じた生産者の経営の安定、発展へ寄与します。


【生産性の向上】
・物流の共同化、配送センターのノウハウ共有等により、資材コストを約2,000万円削減(2018年度)するなど、配送コストを低減
・自社便配送車両による積載率を、共同配送により経営統合前の80%台から2020年度までに100%近くに向上


■ 認定の経緯~食品宅配市場について~
 2015年度における食品宅配全体の市場規模は約3.3兆円と推計されており、今後も年3~5%前後伸長していくものと想定され、2017年度には約3.6兆円になると予測されています。さらに、国内GMSのネットスーパ―事業の拡大やAmazonといった大手通信販売事業者による生鮮食品宅配サービスの展開など、今後更なる競争激化が予想されます。

 こうした市場環境において、安心・安全に対する消費者の意識は引き続き高い状況にあり、近年は女性の社会進出による共働き世帯の増加や健康志向の上昇など、ライフスタイルや価値観の変化に伴いニーズが多様化しています。

事業再編により両社の経営資源を結集し、成長を続ける食品宅配市場において高付加価値な食品・サービスを提供することで、消費者に豊かな食生活をお届けし、市場を牽引していくことを目指しております。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。