栽培技術の研究開発とともに、播種から収穫・集荷までの生産工程管理技術の改善・農業経営全体のマネジメント改革へ(エフ・エフ・ヒライデ/グリンリーフ)

以前の調査レポートでも、植物工場では、栽培技術や自動化を進めていく他、播種から収穫・集荷までの生産工程管理技術の重要性についても記載したが、以下ではユリの生産のために巨大ハウスを運営するエフ・エフ・ヒライデ、農作物の生産・加工などを行う農業法人のグリンリーフなどに関する記事を掲載しておく。


エフ・エフ・ヒライデは、宇都宮市の郊外に総面積1万5000平方メートルほどの巨大な温室ハウスを運営・ユリを生産している。球根植え付け数は全国でもトップ級で、年間120万球に達する。温室の中には、摘み取ったユリを入れる大きな容器や道具類を台車に乗せてスムーズに動かすため、レールが敷き詰められている。常に自分の近くに容器を動かしながら、摘み取ることができる。同社・社長によると「作業員の歩く距離を可能な限り減らしたかった」からこの仕組みを考案した、という。


このように、作業員の歩数を減らすことは、現場から無駄な動きをなくす効果があり、作業時間の短縮や省力化につながる。主に製造業の生産現場で導入されている「カイゼン」手法の一つだが、これまで農業で活用している例はほとんどなかった。コスト削減策はそれだけではない。包装用段ボールを少しでも安く入手するため、隣県の業者に声をかけて入札を実施。自ら貿易業務を学び、オランダから球根の直輸入を始めた。また、コストの上昇要因になりかねないと判断し、JAからも離れている


1億円以上する温室をいくつも建設しているが、補助金には頼らない。「利益を上げているという経営実態ときちんとした事業計画を示せば、銀行は資金を貸してくれる」(同)。旧来のイメージとは違う農業経営者の姿がここにある。


もう1社の農業法人のグリンリーフは10年末、自動車部品メーカーのOBを雇い入れたグループ会社が生産した野菜などの加工工場の作業を見直すためだ。漬物やこんにゃく、冷凍野菜などの商品の生産工程を一つずつ詳細に分析し、作業の無駄を洗い出している。同社・社長によると「経営効率化の点では農業以外の業界から学ぶことの方が多い」と話す。


この他にも、市場価格の変動に左右されない経営システムを作る動きも出ており、コマツナやルッコラを生産するアクト農場(茨城県茨城町)の関治男社長の経営方針は「確実に売れるものしか作らない」。生産物の大半を野菜の通販会社や外食向けの卸会社などに販売。取引先とは事前に年間を通じて一定の販売価格を設定する。サイズや品質、肥料や農薬の設定など取引先の細かい要望に応えなければならないが、市場価格より高値で安定した取引ができる。このように、栽培技術の研究開発とともに、農業経営全体を見直し、改善しようとする事例が増えており、非常に参考になるだろう。<参考:日本経済新聞より>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  2. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  3. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  4. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  5. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  7. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  8. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  3. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る