栽培技術の研究開発とともに、播種から収穫・集荷までの生産工程管理技術の改善・農業経営全体のマネジメント改革へ(エフ・エフ・ヒライデ/グリンリーフ)

以前の調査レポートでも、植物工場では、栽培技術や自動化を進めていく他、播種から収穫・集荷までの生産工程管理技術の重要性についても記載したが、以下ではユリの生産のために巨大ハウスを運営するエフ・エフ・ヒライデ、農作物の生産・加工などを行う農業法人のグリンリーフなどに関する記事を掲載しておく。


エフ・エフ・ヒライデは、宇都宮市の郊外に総面積1万5000平方メートルほどの巨大な温室ハウスを運営・ユリを生産している。球根植え付け数は全国でもトップ級で、年間120万球に達する。温室の中には、摘み取ったユリを入れる大きな容器や道具類を台車に乗せてスムーズに動かすため、レールが敷き詰められている。常に自分の近くに容器を動かしながら、摘み取ることができる。同社・社長によると「作業員の歩く距離を可能な限り減らしたかった」からこの仕組みを考案した、という。


このように、作業員の歩数を減らすことは、現場から無駄な動きをなくす効果があり、作業時間の短縮や省力化につながる。主に製造業の生産現場で導入されている「カイゼン」手法の一つだが、これまで農業で活用している例はほとんどなかった。コスト削減策はそれだけではない。包装用段ボールを少しでも安く入手するため、隣県の業者に声をかけて入札を実施。自ら貿易業務を学び、オランダから球根の直輸入を始めた。また、コストの上昇要因になりかねないと判断し、JAからも離れている


1億円以上する温室をいくつも建設しているが、補助金には頼らない。「利益を上げているという経営実態ときちんとした事業計画を示せば、銀行は資金を貸してくれる」(同)。旧来のイメージとは違う農業経営者の姿がここにある。


もう1社の農業法人のグリンリーフは10年末、自動車部品メーカーのOBを雇い入れたグループ会社が生産した野菜などの加工工場の作業を見直すためだ。漬物やこんにゃく、冷凍野菜などの商品の生産工程を一つずつ詳細に分析し、作業の無駄を洗い出している。同社・社長によると「経営効率化の点では農業以外の業界から学ぶことの方が多い」と話す。


この他にも、市場価格の変動に左右されない経営システムを作る動きも出ており、コマツナやルッコラを生産するアクト農場(茨城県茨城町)の関治男社長の経営方針は「確実に売れるものしか作らない」。生産物の大半を野菜の通販会社や外食向けの卸会社などに販売。取引先とは事前に年間を通じて一定の販売価格を設定する。サイズや品質、肥料や農薬の設定など取引先の細かい要望に応えなければならないが、市場価格より高値で安定した取引ができる。このように、栽培技術の研究開発とともに、農業経営全体を見直し、改善しようとする事例が増えており、非常に参考になるだろう。<参考:日本経済新聞より>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  5. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  6. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  7. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  8. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  9. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  10. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  2. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  3. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  4. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
ページ上部へ戻る