シカゴ州立大学、空き施設を活用したLED植物工場とアクアポニクスの実証試験へ

シカゴ州立大学、空き施設を活用したLED植物工場とアクアポニクスの実証試験へ 冬は雪が降り積もる米国・シカゴでの年間・安定的な食料生産を目指し、シカゴ州立大学では倉庫を改装して、アクアポニクスの研究を行っている。同施設ではアクアポニクスを利用して、バジルやミントなどの野菜と淡水魚ティアラピアを栽培している。

アクアポニクスというと、簡易的なビニルハウス内に太陽がさんさんと降り注ぐ中で栽培されている事例が多いので、閉鎖型・人工光を利用したケースは非常に珍しいだろう。

担当者によると、シカゴでは最初のアーバン・アクアポニクス施設である、という。例えば、イリノイ州のAquaRanch社やウィスコンシンにあるSweetwater Organicsなどは全て地方の田舎で生産している。

同大学のバイオロジカル・サイエンス学部のテクニカルスタッフであるAlison Gise Johnson氏が施設の管理者である。

同氏によると、アクアポニクスは都市周辺住民に対して、新鮮な食料を安く提供でき、遠方から大量の食料を輸入せずに済むことから環境負荷を軽減できることが大きなメリットだという。

例えば、農業で有名なイリノイ州では生産したものは主に輸出用にあてられており、同州は、毎年40億ドルもの農作物を輸出している。しかし、イリノイ州の住民が食料に年間48億ドルを使用している中で、実はその96%は州外で生産されたものである、という。

※ データ: Chicago Metropolitan Agency for Planning, Illinois Department of Agricultureによる


都市近郊でも、肥沃で安全な土壌があれば露地栽培もできるのだが、シカゴには多くの工業エリアがあり土壌汚染が進んでいる地域もあることから、こうした水耕栽培やアクアポニクスも有効な生産方法の一つであるだろう。

一般的なアクアポニクスでも、野菜は年間を通じて栽培ができ、露地栽培の2~10倍ほどの生産性があるが、完全人工光型植物工場を導入することで、生産性が飛躍的にアップする。

しかし、同じ栽培ルーム内に魚の養殖と植物(野菜)の栽培を行うと、個別の最適環境を実現することが難しくなる点が課題である。

そこで、地下(魚の養殖)と地上(水耕・野菜)といった異なる部屋で栽培する形式、または、仕切り・壁を作って別々の生育ルームを設けることで対策を講じることが可能だ。
米国では既に同様の形式にてGrowing Power、Plant Chicagoといった組織が実験的に行っている。

現在はティラピアといった淡水魚が主だが、今後は高級魚(タイやヒラメなど)の養殖技術と野菜の栽培環境との融合システムなどが開発できれば、大きなビジネスチャンスになるだろう。