雪が降るシカゴの都会でもアクアポニクス(水耕・魚養殖)の実験施設が稼動(シカゴ州立大学)/多段式の野菜生産システムの実験的な採用も進む

冬は雪が降り積もる米国・シカゴでの年間・安定的な食料生産を目指して、シカゴ州立大学では倉庫を改装して、アクアポニクスの研究を行っている。同施設では、アクアポニクス(水耕野菜と魚養殖の一体型:詳細はこちら)を利用して、バジルやミントなどの野菜とお馴染みの淡水魚ティアラピアを栽培している
 

倉庫のような建物の一部を改修して、実験施設を建設した

 
アクアポニクスというと、簡易的なビニルハウス内に太陽がさんさんと降り注ぐ中で栽培されている事例が多いので、閉鎖型・人工光を利用したケースは非常に珍しいだろう。担当者によると、シカゴでは最初のアーバン・アクアポニクス施設である、とのこと。例えば、イリノイ州のAquaRanch社やウィスコンシンにあるSweetwater Organicsなどは全て地方の田舎で生産している。
 
 
同大学のバイオロジカル・サイエンス学部のテクニカルスタッフであるAlison Gise Johnson氏(関連サイト)が施設の管理者でもある。同氏によると、アクアポニクスは都市周辺住民に対して、新鮮な食料を安く提供でき、遠方から大量の食料を輸入せずに済むことから環境負荷を軽減できることが大きなメリットだという。例えば、農業で有名なイリノイ州では、毎年40億ドルもの農作物を輸出しており、イリノイ州の住民は年間で48億ドルも食料に使っているが、実はその96%は州外で生産されたものである。<Chicago Metropolitan Agency for Planning, Illinois Department of Agricultureによる>
 
 

 




 
都市近郊でも、肥沃で安全な土壌があれば露地栽培もできるのだが、シカゴには多くの工業エリアがあり土壌汚染が進んでいる地域もあることから、こうした水耕栽培やアクアポニクスも有効な生産方法の一つであるだろう。一般的なアクアポニクスでも、年間を通じて栽培ができ、路地栽培の2〜10倍ほどの生産性があるが、日本で言うところのレタス類を栽培している多段式・植物工場のような飛躍的な生産性は見込めない。さらに、同じ栽培ルーム内に魚の養殖と植物の栽培を行うと、個別の最適環境を実現することが難しくなる。
 
 
そこで、地下(魚養殖)と地上(水耕・野菜)といった異なる部屋で栽培する形式、または、仕切り・壁を作って別々の生育ルームを設けるアイデアを考えていたが、どうやら米国でもGrowing PowerPlant Chicagoといった組織が実験的に行っているようだアクアポニクスの原型は古代アステカ時代にまでさかのぼり、屋外の池に、魚や野菜を栽培していた、といった記録がある。現在はティラピアといった淡水魚が主だが、今後は高級魚(タイやヒラメなど)の飼育技術と野菜の栽培環境との関連性・最適値といった研究も進んでいくだろう。当法人でも、採算性について本格的な調査を実施していきたい、と考えている。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  3. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  4. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  5. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  8. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  9. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
ページ上部へ戻る