雪が降るシカゴの都会でもアクアポニクス(水耕・魚養殖)の実験施設が稼動(シカゴ州立大学)/多段式の野菜生産システムの実験的な採用も進む

冬は雪が降り積もる米国・シカゴでの年間・安定的な食料生産を目指して、シカゴ州立大学では倉庫を改装して、アクアポニクスの研究を行っている。同施設では、アクアポニクス(水耕野菜と魚養殖の一体型:詳細はこちら)を利用して、バジルやミントなどの野菜とお馴染みの淡水魚ティアラピアを栽培している
 

倉庫のような建物の一部を改修して、実験施設を建設した

 
アクアポニクスというと、簡易的なビニルハウス内に太陽がさんさんと降り注ぐ中で栽培されている事例が多いので、閉鎖型・人工光を利用したケースは非常に珍しいだろう。担当者によると、シカゴでは最初のアーバン・アクアポニクス施設である、とのこと。例えば、イリノイ州のAquaRanch社やウィスコンシンにあるSweetwater Organicsなどは全て地方の田舎で生産している。
 
 
同大学のバイオロジカル・サイエンス学部のテクニカルスタッフであるAlison Gise Johnson氏(関連サイト)が施設の管理者でもある。同氏によると、アクアポニクスは都市周辺住民に対して、新鮮な食料を安く提供でき、遠方から大量の食料を輸入せずに済むことから環境負荷を軽減できることが大きなメリットだという。例えば、農業で有名なイリノイ州では、毎年40億ドルもの農作物を輸出しており、イリノイ州の住民は年間で48億ドルも食料に使っているが、実はその96%は州外で生産されたものである。<Chicago Metropolitan Agency for Planning, Illinois Department of Agricultureによる>
 
 

 




 
都市近郊でも、肥沃で安全な土壌があれば露地栽培もできるのだが、シカゴには多くの工業エリアがあり土壌汚染が進んでいる地域もあることから、こうした水耕栽培やアクアポニクスも有効な生産方法の一つであるだろう。一般的なアクアポニクスでも、年間を通じて栽培ができ、路地栽培の2〜10倍ほどの生産性があるが、日本で言うところのレタス類を栽培している多段式・植物工場のような飛躍的な生産性は見込めない。さらに、同じ栽培ルーム内に魚の養殖と植物の栽培を行うと、個別の最適環境を実現することが難しくなる。
 
 
そこで、地下(魚養殖)と地上(水耕・野菜)といった異なる部屋で栽培する形式、または、仕切り・壁を作って別々の生育ルームを設けるアイデアを考えていたが、どうやら米国でもGrowing PowerPlant Chicagoといった組織が実験的に行っているようだアクアポニクスの原型は古代アステカ時代にまでさかのぼり、屋外の池に、魚や野菜を栽培していた、といった記録がある。現在はティラピアといった淡水魚が主だが、今後は高級魚(タイやヒラメなど)の飼育技術と野菜の栽培環境との関連性・最適値といった研究も進んでいくだろう。当法人でも、採算性について本格的な調査を実施していきたい、と考えている。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  2. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  3. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  4. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  8. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  2. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  3. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  4. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
ページ上部へ戻る