日本軽金属・子会社が小型の植物工場に本格参入。携帯基地局のアルミ収容箱を応用した商品を店舗併設型へ提案

日本軽金属グループでは、白色LEDを利用した「プレハブタイプの小型・植物工場」を照明器具設計・製造のシナジーテックと共同開発しているが(関連記事)、日本軽金属の子会社であるNLMエカルは、小型の野菜工場の装置に本格的に参入した。
 
 
主力製品で携帯電話基地局に使うアルミ製の機器収容箱を応用して独自商品を開発、販売を開始。店内で栽培した農産物を材料として使って提供する「店産店消」の飲食店などに売り込むことを計画している。この装置は、アルミ製の密閉性の高い箱の中に水耕栽培用の棚と空調設備、蛍光管型のLED照明を備えている。ハーブのほか、レタスなどの葉物野菜の栽培に向いている。装置の床面積が4平方m、6.4平方m、9.9平方mの3種類あり、価格は約230万〜480万円。光を遠隔操作するシステムなどをつけると別に費用がかかる。
 
 
携帯電話の基地局で使う機器収納箱は、雨風や温度変化などから中の通信設備を守る役割がある。これを野菜工場の装置に応用することで、害虫の侵入を防いで、外気温に左右されずに農作物を育てることができる。一般的に野菜工場でつくった作物は露地栽培より生産コストが上がる。
 
 
NLMエカルは販売先として無農薬野菜の「店産店消」を目指す飲食店、大型客船などに期待する。種苗業者が高付加価値の苗を育てたり、農家が新たな作物を試験栽培したりするために導入することも想定している。既に県内の観光施設などに導入した。初年度となる2010年度は1000万円、11年度に1億円の売り上げを目指す。
 
 
販売価格としては他社と同様か、若干の安い印象を受ける。確かにハード部分を中心に自社の独自ノウハウを生かせるだろう。あとは販売先への提案力次第ではないだろうか。どういった作物を栽培すればよいのか、事前調査や過去の事例からのブランド認知や集客効果、そして「採算性」についてのデータとともに、デザイン力も必要とされるだろう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  2. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  4. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  5. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  6. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  7. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  8. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  9. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  2. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  3. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  4. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
ページ上部へ戻る