日本軽金属・子会社が植物工場プラントの開発に本格参入。携帯基地局のアルミ収容箱を応用

植物工場IT活用事例セミナー

 日本軽金属の子会社であるNLMエカルは、小型の植物工場プラントの開発に本格参入した。自社の主力製品である携帯電話基地局に使うアルミ製の機器収容箱を応用して独自商品を開発した。
レストランなどと併設した店産店消型の植物工場として売り込むことを計画している。

日本軽金属・子会社が植物工場プラントの開発に本格参入。携帯基地局のアルミ収容箱を応用
アルミ製の密閉性の高い室内にて、水耕栽培用の棚と空調設備、蛍光管型のLED照明を導入している。リーフレタスやハーブ野菜など、葉野菜の栽培を想定したシステムとなっている。

・関連記事: シナジーテック、アルミメーカーと連携して小型サイズの植物工場を開発

植物工場システムの床面積が4m2, 6.4m2, 9.9m2の3種類あり、価格は約230万~480万円。光源を遠隔操作するシステムなどを導入する場合、別にオプション費用が必要となる。

携帯電話の基地局で使う機器収納箱は、雨風や温度変化などから中の通信設備を守る役割がある。これを植物工場プラントに応用することで、害虫の侵入を防いで、外気温に左右されずに農作物を育てることができる。

同社の設備について、既に県内の観光施設などに導入している。初年度となる2010年度は1,000万円、11年度に1億円の売上を目指す。店産店消型だけでなく、一般農家向けに苗生産としての活用も見込んでいる。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。