日本軽金属・子会社が小型の植物工場に本格参入。携帯基地局のアルミ収容箱を応用した商品を店舗併設型へ提案

日本軽金属グループでは、白色LEDを利用した「プレハブタイプの小型・植物工場」を照明器具設計・製造のシナジーテックと共同開発しているが(関連記事)、日本軽金属の子会社であるNLMエカルは、小型の野菜工場の装置に本格的に参入した。
 
 
主力製品で携帯電話基地局に使うアルミ製の機器収容箱を応用して独自商品を開発、販売を開始。店内で栽培した農産物を材料として使って提供する「店産店消」の飲食店などに売り込むことを計画している。この装置は、アルミ製の密閉性の高い箱の中に水耕栽培用の棚と空調設備、蛍光管型のLED照明を備えている。ハーブのほか、レタスなどの葉物野菜の栽培に向いている。装置の床面積が4平方m、6.4平方m、9.9平方mの3種類あり、価格は約230万〜480万円。光を遠隔操作するシステムなどをつけると別に費用がかかる。
 
 
携帯電話の基地局で使う機器収納箱は、雨風や温度変化などから中の通信設備を守る役割がある。これを野菜工場の装置に応用することで、害虫の侵入を防いで、外気温に左右されずに農作物を育てることができる。一般的に野菜工場でつくった作物は露地栽培より生産コストが上がる。
 
 
NLMエカルは販売先として無農薬野菜の「店産店消」を目指す飲食店、大型客船などに期待する。種苗業者が高付加価値の苗を育てたり、農家が新たな作物を試験栽培したりするために導入することも想定している。既に県内の観光施設などに導入した。初年度となる2010年度は1000万円、11年度に1億円の売り上げを目指す。
 
 
販売価格としては他社と同様か、若干の安い印象を受ける。確かにハード部分を中心に自社の独自ノウハウを生かせるだろう。あとは販売先への提案力次第ではないだろうか。どういった作物を栽培すればよいのか、事前調査や過去の事例からのブランド認知や集客効果、そして「採算性」についてのデータとともに、デザイン力も必要とされるだろう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  2. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  3. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  4. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  5. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  6. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  7. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
ページ上部へ戻る