和菓子の桔梗屋/自社農場で栽培した野菜を居酒屋店舗内にて販売

和菓子の桔梗屋の農業参入記事について、以下に追加しておく。

自社農場で栽培した野菜を販売するなど農業に本格参入した桔梗屋は、笛吹市や北杜市の畑で減農薬、有機栽培にこだわった野菜を生産。4月から本社工場などで販売しているほか、経営する飲食店に納入しているが、秋から冬にかけて露地栽培の葉物野菜が収穫できなくなるため、ハウスでの水耕栽培を取り入れた。
 
水耕栽培は北杜市明野町浅尾のハウスで、グループ企業の「農業生産法人ハイジの野菜畑」が行っている。広さ約4000平方メートルで、かつて花の裁培用として使用していた施設を借りた。現在、水菜、小松菜のほか、ネギやレタスも生産。9月からはトマトの生産もスタートする予定。現在、トマトを使った和菓子や、レストランで提供する自社裁培の野菜のみを使ったメニューなどを開発中で、桔梗屋は「水耕栽培によって、季節や天気の影響を受けずに野菜を安定供給し、こだわりの商品、料理を提供していきたい」としている。

 
和菓子の桔梗屋は、山梨県甲府市の自社農場で栽培した野菜の販売を開始。同市(丸の内1丁目)で経営する居酒屋「水琴酒堂」店舗内を活用し、夕方まで規格外野菜などを低価格で販売している。
 
 
販売商品は自社農場や農業生産法人「ハイジの野菜畑」が生産するナスやトマト、水菜などの野菜だけでなく、生鮮野菜を使った弁当も298円で提供している。市中心街で働く会社員などをターゲットにしていて、同社は「居酒屋へ足を運んでもらうきっかけになれば」としている。(売上目標は、甲府店だけで年間4000万円ほど)
 
 
特にオフィス街の中心街にある居酒屋の開店時間は夕方である。昼の時間帯に弁当や生鮮野菜を提供することで、夕方から営業する居酒屋の集客にもつながるだろう。非常に面白い取組みである。
 
 
和菓子の桔梗屋/自社農場で栽培した野菜を居酒屋店舗内にて販売

<写真は水琴酒堂(居酒屋)HPより>

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  4. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  5. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  8. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  2. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  3. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る