和菓子の桔梗屋/自社農場で栽培した野菜を居酒屋店舗内にて販売

和菓子の桔梗屋の農業参入記事について、以下に追加しておく。

自社農場で栽培した野菜を販売するなど農業に本格参入した桔梗屋は、笛吹市や北杜市の畑で減農薬、有機栽培にこだわった野菜を生産。4月から本社工場などで販売しているほか、経営する飲食店に納入しているが、秋から冬にかけて露地栽培の葉物野菜が収穫できなくなるため、ハウスでの水耕栽培を取り入れた。
 
水耕栽培は北杜市明野町浅尾のハウスで、グループ企業の「農業生産法人ハイジの野菜畑」が行っている。広さ約4000平方メートルで、かつて花の裁培用として使用していた施設を借りた。現在、水菜、小松菜のほか、ネギやレタスも生産。9月からはトマトの生産もスタートする予定。現在、トマトを使った和菓子や、レストランで提供する自社裁培の野菜のみを使ったメニューなどを開発中で、桔梗屋は「水耕栽培によって、季節や天気の影響を受けずに野菜を安定供給し、こだわりの商品、料理を提供していきたい」としている。

 
和菓子の桔梗屋は、山梨県甲府市の自社農場で栽培した野菜の販売を開始。同市(丸の内1丁目)で経営する居酒屋「水琴酒堂」店舗内を活用し、夕方まで規格外野菜などを低価格で販売している。
 
 
販売商品は自社農場や農業生産法人「ハイジの野菜畑」が生産するナスやトマト、水菜などの野菜だけでなく、生鮮野菜を使った弁当も298円で提供している。市中心街で働く会社員などをターゲットにしていて、同社は「居酒屋へ足を運んでもらうきっかけになれば」としている。(売上目標は、甲府店だけで年間4000万円ほど)
 
 
特にオフィス街の中心街にある居酒屋の開店時間は夕方である。昼の時間帯に弁当や生鮮野菜を提供することで、夕方から営業する居酒屋の集客にもつながるだろう。非常に面白い取組みである。
 
 
和菓子の桔梗屋/自社農場で栽培した野菜を居酒屋店舗内にて販売

<写真は水琴酒堂(居酒屋)HPより>

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  2. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  5. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  6. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  7. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  8. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  9. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  3. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  4. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
ページ上部へ戻る