フィットネス複合の健康志向のカフェ・バー「BROS TOKYO」がオープン

 ニイヌマ株式会社は、東京都千代田区岩本町に「健康をより身近に」をコンセプトとしたフィットネス複合の健康志向のカフェ・バー「BROS TOKYO(ブロス・トーキョー)」を開設する。
フィットネス複合の健康志向のカフェ・バー「BROS TOKYO」がオープン
【BROS TOKYOとは? 3つの特徴】
1.アスリートフードマイスター監修の、からだにやさしく美味しいフードメニューを提供

1階のカフェ・バーでは、プロテインドリンクや有機野菜を使用したグリーンスムージー、チョップドサラダといった、「美味しい」と「体に良い」のバランスをとったフード・ドリンクメニューを提供しています。健康のための厳格な食事ではなく、気軽にお店に立ち寄りたいと思えるよう、コーヒーやアルコール類の提供も行っています。

2.「パワープレート®」を活用したフィットネスプログラムを提供
地下1階のフィットネスラウンジでは、フィットネスクラブ・医療機関などで専門家も活用している加速度トレーニングマシーン「パワープレート®」(販売元:株式会社プロティア・ジャパン)を用いた会員制のフィットネスプログラムを提供しています。
体組成計InBody(インボディ)を用いて身体測定を行い、食事・運動の双方についての助言と、継続的なエクササイズに向けたサポートを行います。

3.女性が気軽に足を運べるお店づくり
店舗の企画から運営まで、すべてスタッフは「女性のみ」で行っています。近年、首都圏に住む女性は仕事や家事に多くの時間を割く中で、美しく魅力的でありたいという自分自身の思いを満たすための時間を持ちづらくなっています。

忙しい日々を過ごす女性にとって、ふと一息をつけるような場所、たった数分でもエクササイズをしたいと立ち寄れる場所。設備やサービスのみならず、心を落ち着けリラックスできるような空気づくりをスタッフ一同、力を合わせて行っています。

【店舗プロフィール】
店名:BROS TOKYO(ブロス・トーキョー)
住所:東京都千代田区岩本町2-16-10 中屋第一ビル1F
岩本町駅より徒歩4分 / 秋葉原駅より徒歩8分
営業時間:平日 午前8時〜午後8時
土曜日 午前10時〜午後6時
日曜日・祝日は休業
ウェブサイト http://www.brostokyo.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  2. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  3. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  4. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  5. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  6. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  3. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
ページ上部へ戻る