北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~

 先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファームノートサミット2016が開催された。
(株)ファームノートが主催しており、多様な課題を抱える一次・二次産業の中でイノベーションに貢献している経営者が、どのような思いで事業を推進し、市場に答えを出しているのか、パネルディスカッションを通して、農家・一般企業経営者へ新しいヒントを提供することを目的としている。開催は今回で6回目となる。

 今回のテーマは「Be Connected.」=「つなげる」。消費と生産をつなげる新しい形を作り上げた人々を招き、人と人、モノ、農業、チャレンジ、人工知能をつなげることで、どのような大きな価値が生まれるのかを議論した。
北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
 第一セッションの「生産と消費をつなぐ次世代農業事例」では、パネラーに、食肉の加工販売に力を入れる(株)トヨニシファームの小倉 修二、宮城の復興を目指し“ミガキイチゴ”の生産販売にITを駆使する(株)GRAの岩佐 大輝、地域の食を豊かにし牛乳の消費増を目指す(有)希望農場の佐々木 大輔、一次産業のブランディングの先駆者である(株)ファームステッドの阿部 岳を招き、モデレーターは(株)ファームノートの小林 晋也が務めた。

 各パネラーともに、取り組みのきかっけは様々であったが、人との信頼関係を築くことの難しさ・重要性は共通したものであった。特に、IT化やブランディングというような新しい手法を導入する際、それらに抵抗を持つ人々との価値観の齟齬(そご)が導入の妨げになってしまうことも少なくないようだ。

例えば、阿部氏は「ブランディングの必要性を感じない人が多く、実際の導入事例や具体的な実績を説明することで、はじめて興味・関心を持ってもらい、効果を実感してもらえる」と話していた。

また、現在の農業ビジネスについて、佐々木氏は「責任を取る覚悟があるのであれば何をしても自由であり、将来は社会に役立つことをしたい」、小倉氏は「農家として日々の普遍的な作業をしっかり行うことが大切」「チャンスかどうかではなく、身近にあるチャンス、面白いことに気づくことが大切である」と述べていた。
岩佐氏は「あくまでもTPPなどは外部環境であって、声を上げる事よりもまず自分が変化に対応することが大切だ」と主張していた。

このセッションでは、“生産と消費をつなぐ” というテーマであったが、6次産業化というブームに乗ることで生産・販売の両方が中途半端になることは避けなければならない、といった声や生産者同士でのコミュニケーションが最も重要である、というように「生産」という基本となる農業を重要視する意見が多かった。

(株)ファームノート http://farmnote.jp/
(株)GRA http://www.gra-inc.jp/
(株)ファームステッド http://farmstead.jp/
(株)トヨニシファーム http://toyonishifarm.co.jp/

[関連記事]
北海道最大級のファームノートサミット2016 ~農業をつなぐ・スマートアグリ最前線~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  2. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  3. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  4. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  5. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  6. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  4. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
ページ上部へ戻る