北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~

 先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファームノートサミット2016が開催された。
(株)ファームノートが主催しており、多様な課題を抱える一次・二次産業の中でイノベーションに貢献している経営者が、どのような思いで事業を推進し、市場に答えを出しているのか、パネルディスカッションを通して、農家・一般企業経営者へ新しいヒントを提供することを目的としている。開催は今回で6回目となる。

 今回のテーマは「Be Connected.」=「つなげる」。消費と生産をつなげる新しい形を作り上げた人々を招き、人と人、モノ、農業、チャレンジ、人工知能をつなげることで、どのような大きな価値が生まれるのかを議論した。
北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
 第一セッションの「生産と消費をつなぐ次世代農業事例」では、パネラーに、食肉の加工販売に力を入れる(株)トヨニシファームの小倉 修二、宮城の復興を目指し“ミガキイチゴ”の生産販売にITを駆使する(株)GRAの岩佐 大輝、地域の食を豊かにし牛乳の消費増を目指す(有)希望農場の佐々木 大輔、一次産業のブランディングの先駆者である(株)ファームステッドの阿部 岳を招き、モデレーターは(株)ファームノートの小林 晋也が務めた。

 各パネラーともに、取り組みのきかっけは様々であったが、人との信頼関係を築くことの難しさ・重要性は共通したものであった。特に、IT化やブランディングというような新しい手法を導入する際、それらに抵抗を持つ人々との価値観の齟齬(そご)が導入の妨げになってしまうことも少なくないようだ。

例えば、阿部氏は「ブランディングの必要性を感じない人が多く、実際の導入事例や具体的な実績を説明することで、はじめて興味・関心を持ってもらい、効果を実感してもらえる」と話していた。

また、現在の農業ビジネスについて、佐々木氏は「責任を取る覚悟があるのであれば何をしても自由であり、将来は社会に役立つことをしたい」、小倉氏は「農家として日々の普遍的な作業をしっかり行うことが大切」「チャンスかどうかではなく、身近にあるチャンス、面白いことに気づくことが大切である」と述べていた。
岩佐氏は「あくまでもTPPなどは外部環境であって、声を上げる事よりもまず自分が変化に対応することが大切だ」と主張していた。

このセッションでは、“生産と消費をつなぐ” というテーマであったが、6次産業化というブームに乗ることで生産・販売の両方が中途半端になることは避けなければならない、といった声や生産者同士でのコミュニケーションが最も重要である、というように「生産」という基本となる農業を重要視する意見が多かった。

(株)ファームノート http://farmnote.jp/
(株)GRA http://www.gra-inc.jp/
(株)ファームステッド http://farmstead.jp/
(株)トヨニシファーム http://toyonishifarm.co.jp/

[関連記事]
北海道最大級のファームノートサミット2016 ~農業をつなぐ・スマートアグリ最前線~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  3. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  4. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  5. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  8. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  9. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  10. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  4. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
ページ上部へ戻る