生活クラブ、野菜の新ブランド「アースメイド野菜」。化学農薬・肥料の使用を抑えた野菜へ

 全国71の産地と提携し、化学合成農薬や化学肥料をできるだけ使わない野菜づくりを進めてきた生活クラブが今回、独自の野菜を多くの人に伝えるため新ブランド「アースメイド野菜」を立ち上げた。また11月の注文からは、アースメイド野菜のうち栽培期間中に化学合成農薬や化学肥料を使わない野菜などに新たなマークをつける。

 生活クラブはアースメイド野菜を食べ続けることで生産を支え、生産者は継続的な消費を背景に後継者の育成など産地づくりを進めてきた。生活クラブが生産者と一緒になって進める野菜の共同購入には、持続可能な生産を支える力があると同社は考える。

 アースメイド野菜の普及を進める背後には、危機的な日本の農業の現状がある。今年、日本の農業人口はついに200万人を割る一方、70歳以上の農家が4割を超えた。今後は高齢農家の引退が予想され、後継者づくりが急務だ。しかし、後を継ぐことが期待される29歳以下の農家は昨年に比べて24%も減少している。農業の新たな担い手づくりなど、将来にわたって持続可能な産地づくりを急ぐ必要がある。

 アースメイド野菜は、生活クラブの組合員と生産者が野菜づくりについて話し合うことでつくり上げた以下の基準の野菜だ。

・化学合成農薬や化学肥料をできるだけ使わず、栽培履歴を明らかにする
・残留農薬は国の基準の1/10未満 
・放射能は国の基準の1/4にあたる25Bq/kg以下*
*生椎茸、花卉類をのぞく

11月から新たに「あっぱれ育ち」「はればれ育ち」「たぐいまれ」というマークをアースメイド野菜につけて、共同購入を始める。新しいマークの野菜の特徴は以下のとおりだ。
左から「あっぱれ育ち」「はればれ育ち」「たぐいまれ」のロゴ
earthmade68961
・あっぱれ育ち
栽培期間*中、化学合成農薬と化学肥料を使用しないで育てました
・はればれ育ち
栽培期間*中、化学合成農薬と化学肥料を約半分まで減らして育てました。
・たぐいまれ
独自性の高い野菜や地域特有の野菜です。
*栽培期間:収穫する畑に種を撒いた後、または苗を植えた後から収穫するまでの間

鮮度については、以下のルールを設けた。
・収穫して3日目までに組合員への配達
・基本的に収穫後は産地で冷蔵保管、仕分けする戸田デリバリーセンターへ冷蔵車で輸送。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  2. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  3. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  4. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  7. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  3. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  4. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
ページ上部へ戻る