生活クラブ、野菜の新ブランド「アースメイド野菜」。化学農薬・肥料の使用を抑えた野菜へ

 全国71の産地と提携し、化学合成農薬や化学肥料をできるだけ使わない野菜づくりを進めてきた生活クラブが今回、独自の野菜を多くの人に伝えるため新ブランド「アースメイド野菜」を立ち上げた。また11月の注文からは、アースメイド野菜のうち栽培期間中に化学合成農薬や化学肥料を使わない野菜などに新たなマークをつける。

 生活クラブはアースメイド野菜を食べ続けることで生産を支え、生産者は継続的な消費を背景に後継者の育成など産地づくりを進めてきた。生活クラブが生産者と一緒になって進める野菜の共同購入には、持続可能な生産を支える力があると同社は考える。

 アースメイド野菜の普及を進める背後には、危機的な日本の農業の現状がある。今年、日本の農業人口はついに200万人を割る一方、70歳以上の農家が4割を超えた。今後は高齢農家の引退が予想され、後継者づくりが急務だ。しかし、後を継ぐことが期待される29歳以下の農家は昨年に比べて24%も減少している。農業の新たな担い手づくりなど、将来にわたって持続可能な産地づくりを急ぐ必要がある。

 アースメイド野菜は、生活クラブの組合員と生産者が野菜づくりについて話し合うことでつくり上げた以下の基準の野菜だ。

・化学合成農薬や化学肥料をできるだけ使わず、栽培履歴を明らかにする
・残留農薬は国の基準の1/10未満 
・放射能は国の基準の1/4にあたる25Bq/kg以下*
*生椎茸、花卉類をのぞく

11月から新たに「あっぱれ育ち」「はればれ育ち」「たぐいまれ」というマークをアースメイド野菜につけて、共同購入を始める。新しいマークの野菜の特徴は以下のとおりだ。
左から「あっぱれ育ち」「はればれ育ち」「たぐいまれ」のロゴ
earthmade68961
・あっぱれ育ち
栽培期間*中、化学合成農薬と化学肥料を使用しないで育てました
・はればれ育ち
栽培期間*中、化学合成農薬と化学肥料を約半分まで減らして育てました。
・たぐいまれ
独自性の高い野菜や地域特有の野菜です。
*栽培期間:収穫する畑に種を撒いた後、または苗を植えた後から収穫するまでの間

鮮度については、以下のルールを設けた。
・収穫して3日目までに組合員への配達
・基本的に収穫後は産地で冷蔵保管、仕分けする戸田デリバリーセンターへ冷蔵車で輸送。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  2. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  3. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  7. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  8. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  2. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  3. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  4. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
ページ上部へ戻る