生活クラブ、野菜の新ブランド「アースメイド野菜」。化学農薬・肥料の使用を抑えた野菜へ

 全国71の産地と提携し、化学合成農薬や化学肥料をできるだけ使わない野菜づくりを進めてきた生活クラブが今回、独自の野菜を多くの人に伝えるため新ブランド「アースメイド野菜」を立ち上げた。また11月の注文からは、アースメイド野菜のうち栽培期間中に化学合成農薬や化学肥料を使わない野菜などに新たなマークをつける。

 生活クラブはアースメイド野菜を食べ続けることで生産を支え、生産者は継続的な消費を背景に後継者の育成など産地づくりを進めてきた。生活クラブが生産者と一緒になって進める野菜の共同購入には、持続可能な生産を支える力があると同社は考える。

 アースメイド野菜の普及を進める背後には、危機的な日本の農業の現状がある。今年、日本の農業人口はついに200万人を割る一方、70歳以上の農家が4割を超えた。今後は高齢農家の引退が予想され、後継者づくりが急務だ。しかし、後を継ぐことが期待される29歳以下の農家は昨年に比べて24%も減少している。農業の新たな担い手づくりなど、将来にわたって持続可能な産地づくりを急ぐ必要がある。

 アースメイド野菜は、生活クラブの組合員と生産者が野菜づくりについて話し合うことでつくり上げた以下の基準の野菜だ。

・化学合成農薬や化学肥料をできるだけ使わず、栽培履歴を明らかにする
・残留農薬は国の基準の1/10未満 
・放射能は国の基準の1/4にあたる25Bq/kg以下*
*生椎茸、花卉類をのぞく

11月から新たに「あっぱれ育ち」「はればれ育ち」「たぐいまれ」というマークをアースメイド野菜につけて、共同購入を始める。新しいマークの野菜の特徴は以下のとおりだ。
左から「あっぱれ育ち」「はればれ育ち」「たぐいまれ」のロゴ
earthmade68961
・あっぱれ育ち
栽培期間*中、化学合成農薬と化学肥料を使用しないで育てました
・はればれ育ち
栽培期間*中、化学合成農薬と化学肥料を約半分まで減らして育てました。
・たぐいまれ
独自性の高い野菜や地域特有の野菜です。
*栽培期間:収穫する畑に種を撒いた後、または苗を植えた後から収穫するまでの間

鮮度については、以下のルールを設けた。
・収穫して3日目までに組合員への配達
・基本的に収穫後は産地で冷蔵保管、仕分けする戸田デリバリーセンターへ冷蔵車で輸送。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  5. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  6. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  7. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  10. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  4. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
ページ上部へ戻る