スプレッド・JXエネルギーなど、植物工場におけるグルタチオンを利用した栽培技術の共同研究を開始

 完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッド、JXエネルギー株式会社、岡山県農林水産総合センター生物科学研究所(RIBS)は、人工光型植物工場におけるグルタチオンを利用した栽培技術検討に関する共同研究契約を締結した。

グルタチオンは、3つのアミノ酸が結合した物質で、植物の光合成を活性化する作用がある一方、投与方法(量・期間)に応じて効果が変化します。これまでのRIBSの研究において、グルタチオンの効果的な使用により露地栽培(ジャガイモ等)の収穫量を最大40%増加させることに成功しております。

今回の研究では、人工光型植物工場におけるグルタチオンの最適な投与方法およびその経済性を 下記の通り検証します。人工光型植物工場における植物栽培については、近年多発する豪雨・猛暑などの異常気象に伴う食料の供給リスクや農薬の過剰使用による人体への影響および土壌汚染リスクへの対策としての関心が高まっております。
スプレッド・JXエネルギーなど、植物工場におけるグルタチオンを利用した栽培技術の共同研究を開始
1.研究期間:2016年9月から1年間(予定)
スプレッド・JXエネルギーなど、植物工場におけるグルタチオンを利用した栽培技術の共同研究を開始
2.各社の役割:
(1)RIBS グルタチオンの投与方法(量・期間)の検討
(2)スプレッド 人工光型植物工場におけるグルタチオン投与、実証データの作成
(3)JXエネルギー 実証データの分析、経済性評価、知見の提供

【会社概要】
株式会社スプレッド
設立: 2006年(平成18年)1月5日
本社所在地: 〒600-8815 京都府京都市下京区中堂寺粟田町90番地 KRP8号館
資本金: 8,740万円
事業内容: 植物工場事業の運営
ウェブサイト: http://www.spread.co.jp

スプレッドは、世界的な農業や食料問題解決を目的とした持続可能な農業の実現を目指し、人工光型植物工場のリーディングカンパニーとして、単一のレタス工場としては世界最大規模の亀岡プラントの運営を行っています。

亀岡プラントでは、毎日21,000株のレタスを生産し、工場野菜ブランド『ベジタス』として首都圏、関西をはじめとした全国約2,100店舗のスーパーで販売しております。

JXエネルギー株式会社
設立: 1888年(明治21年)5月10日
本社所在地: 〒100-8162 東京都千代田区大手町一丁目1番2号
資本金: 1,394億円(JXホールディングス株式会社の100%出資)
事業内容: 石油製品(ガソリン・灯油・重油・潤滑油等)の精製および販売、ガス・石炭の輸入および販売、石油化学製品・アスタキサンチン等機能化学品の製造および販売、電気の供給、水素の販売
ウェブサイト: http://www.noe.jx-group.co.jp

JXエネルギーは、バイオ事業に取り組んでおり、欧米を中心にサケ・マスの色調改善用天然色素としてアスタキサンチンを販売しております。また、これまでのバイオ事業で得られた知見を活かし、ヒト・植物・動物への健康・栄養に係る事業の拡大に取り組んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  3. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  4. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  5. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  6. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  7. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  2. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
ページ上部へ戻る