スプレッド・JXエネルギーなど、植物工場におけるグルタチオンを利用した栽培技術の共同研究を開始

 完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッド、JXエネルギー株式会社、岡山県農林水産総合センター生物科学研究所(RIBS)は、人工光型植物工場におけるグルタチオンを利用した栽培技術検討に関する共同研究契約を締結した。

グルタチオンは、3つのアミノ酸が結合した物質で、植物の光合成を活性化する作用がある一方、投与方法(量・期間)に応じて効果が変化します。これまでのRIBSの研究において、グルタチオンの効果的な使用により露地栽培(ジャガイモ等)の収穫量を最大40%増加させることに成功しております。

今回の研究では、人工光型植物工場におけるグルタチオンの最適な投与方法およびその経済性を 下記の通り検証します。人工光型植物工場における植物栽培については、近年多発する豪雨・猛暑などの異常気象に伴う食料の供給リスクや農薬の過剰使用による人体への影響および土壌汚染リスクへの対策としての関心が高まっております。
スプレッド・JXエネルギーなど、植物工場におけるグルタチオンを利用した栽培技術の共同研究を開始
1.研究期間:2016年9月から1年間(予定)
スプレッド・JXエネルギーなど、植物工場におけるグルタチオンを利用した栽培技術の共同研究を開始
2.各社の役割:
(1)RIBS グルタチオンの投与方法(量・期間)の検討
(2)スプレッド 人工光型植物工場におけるグルタチオン投与、実証データの作成
(3)JXエネルギー 実証データの分析、経済性評価、知見の提供

【会社概要】
株式会社スプレッド
設立: 2006年(平成18年)1月5日
本社所在地: 〒600-8815 京都府京都市下京区中堂寺粟田町90番地 KRP8号館
資本金: 8,740万円
事業内容: 植物工場事業の運営
ウェブサイト: http://www.spread.co.jp

スプレッドは、世界的な農業や食料問題解決を目的とした持続可能な農業の実現を目指し、人工光型植物工場のリーディングカンパニーとして、単一のレタス工場としては世界最大規模の亀岡プラントの運営を行っています。

亀岡プラントでは、毎日21,000株のレタスを生産し、工場野菜ブランド『ベジタス』として首都圏、関西をはじめとした全国約2,100店舗のスーパーで販売しております。

JXエネルギー株式会社
設立: 1888年(明治21年)5月10日
本社所在地: 〒100-8162 東京都千代田区大手町一丁目1番2号
資本金: 1,394億円(JXホールディングス株式会社の100%出資)
事業内容: 石油製品(ガソリン・灯油・重油・潤滑油等)の精製および販売、ガス・石炭の輸入および販売、石油化学製品・アスタキサンチン等機能化学品の製造および販売、電気の供給、水素の販売
ウェブサイト: http://www.noe.jx-group.co.jp

JXエネルギーは、バイオ事業に取り組んでおり、欧米を中心にサケ・マスの色調改善用天然色素としてアスタキサンチンを販売しております。また、これまでのバイオ事業で得られた知見を活かし、ヒト・植物・動物への健康・栄養に係る事業の拡大に取り組んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  2. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  3. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  4. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  5. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  6. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  9. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  3. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  4. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
ページ上部へ戻る