バイテックHDグループ、鹿児島県に完全人工光型植物工場を新設。結球レタス等の生産を予定

 株式会社バイテックホールディングスのグループ会社であり、完全人工光型植物工場の運営、野菜の生産・販売等を行っているバイテックグリーンエナジー株式会社と薩摩川内市の認定農業者などが連携して、株式会社バイテックファーム薩摩川内を平成28年3月に設立した。

本企業は、鹿児島県・薩摩川内市に農産物の生産・管理・販売を含めた農業の経営等を目的に設立され、国の「産地パワーアップ事業」を活用し、完全人工光型植物工場を新設する。

計画では、需要に応じた結球レタス等の安定的な生産を行っていく方針で、建設予定地は入来工業団地内を予定。同団地における第1号の立地案件となる。

バイテックHDグループ、鹿児島県薩摩川内に完全人工光型植物工場を新設。結球レタス等の生産を予定※ 写真はバイテックグリーンエナジーが設立した株式会社バイテックファーム大館(秋田県・大舘市)の様子。生産能力1万株/dayの大規模な植物工場施設を運営。


新工場概要
所在地:鹿児島県薩摩川内市 入来工業団地内
構造:鉄骨平屋建て
生産品目:結球レタス、リーフレタス
新規雇用予定:40名
着工予定:2016年9月
操業開始予定:2017年4月

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。