日本ロックウール、防藻処理の新製品「カルチャーマットクリーン」を販売開始

 日本ロックウール株式会社は、水耕栽培用ロックウール培地のカルチャーマットに防藻処理を施した新製品「カルチャーマットクリーン」を8月1日から発売開始した。
日本ロックウール、防藻処理の新製品「カルチャーマットクリーン」を販売開始
固形培地を使用して養液栽培(水耕栽培)を行うと、培地表面に藻が発生することがある。藻類の生育には、水・光・温度・空気が必要で、栄養分があると促進され、この藻類を食べるハエが病気の原因となることや、収穫物に藻やハエが付着することによる商品価値の低下が懸念されている。
日本ロックウール、防藻処理の新製品「カルチャーマットクリーン」を販売開始
 カルチャーマットクリーンは、長年、水耕栽培で問題となっていた藻の問題を解決することができる培地となる。培地表面を撥水加工することで防藻効果を持たせた。培地表面のみ撥水させる物理的防除に該当し、植物の生育に影響を及ぼさない。
※この方法による防藻処理を特許申請済み。

また、ロックウールは培地内の水分バランスが良いので、発芽率があまり良くないとされる「ホウレンソウ、スイスチャード、デトロイト、パクチー(コリアンダー)等」において、発芽率の向上が期待できる。

≪梱包仕様≫
入数:25枚/ケース
寸法:579×279×32㎜
   ブロック 縦12列×横25列 300個/枚
   ※水稲用の育苗箱にピッタリのサイズ。
梱包箱:860×600×300㎜(ダンボール)

≪問合せ先≫
日本ロックウール株式会社 農材営業部
東京:TEL 03-4413-1223 FAX 03-3552-6178
大阪:TEL 06-7711-7951 FAX 06-7711-7918
URL: http://www.rockwool.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  2. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  3. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  4. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  5. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  6. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  8. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  2. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  3. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  4. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
ページ上部へ戻る