ルートレックによる次世代養液土耕システム「ゼロアグリ」、日本有数のイチゴ生産者と同等の収穫量・食味を実現

 株式会社ルートレック・ネットワークス(以下 ルートレック)は、茨城県鉾田市のイチゴ生産者「村田農園」が保有する施設栽培(ハウス栽培)にて、次世代養液土耕システム「ゼロアグリ」を設置・導入し、その効果を検証した結果、村田農園のイチゴに並ぶ収穫量と食味を達成した。

村田農園は、その味や品質の高さから果実専門店、超一流ホテルやパティシエから引き合いが途絶えない、名実ともに日本有数のイチゴ生産者です。

イチゴを作り出すために徹底してこだわっているのが、土づくり。「かん水施肥」という視点から土壌の環境制御を徹底してサポートする「ゼロアグリ」が、村田農園のこだわりの土づくりとその管理をサポートし、「村田さん家のいちご」に准ずる収穫量と糖度を達成可能か、2015年9月にゼロアグリを村田農園内に設置し2016年6月の収穫終了まで検証を行いました。

茨城県の10a当たりのイチゴ栽培平均収穫量は3,510kg※1です。これに対し、村田農園の収穫量は平均値の2倍強で、イチゴの土耕栽培としては限界収量だとも言われています。
6月に今作の収穫を全て終えた時点で、ゼロアグリによるかん水施肥を行ったイチゴの収穫量は、村田農園の収穫量とほぼ同等となりました。また、世の中に高く評価されている「村田さん家のいちご」に准ずる食味も実現することができました。
ルートレックによる次世代養液土耕システム「ゼロアグリ」、日本有数のイチゴ生産者と同等の収穫量・食味を実現
今回の実証結果に対して弊社代表の佐々木は以下の通りコメントしています。
「イチゴの生産工程には様々な作業があります。村田農園がこれまで培ってきた驚異的な収穫量に加え、味、形ともに高品質なものを作り出すため徹底した土壌管理を“かん水施肥管理”という点でサポートし、村田農園のイチゴに近い品質を作り出すことができたことは、大変嬉しく思います。今回の検証を通じて、ゼロアグリがイチゴに対しても有効であることが証明できました。」

また、村田農園代表の村田和寿氏は以下の通り述べています。
「私がイチゴを栽培において最も大切にしているのは、土づくりです。そのうえで、定植前に手塩にかけて行った土づくりの後、イチゴの生育や気候等に応じてその日、その日の最適な水と肥料やりをいかに行うかも大切な作業となっています。

こうした一連の栽培管理は経験と勘によるところが大きく、技術の伝承が大変難しい部分でもあります。今回の実証を通して、IoTを駆使したゼロアグリにかん水施肥を任せることができるとわかり、大変嬉しく思っています。また、糖度含めて今回実現できた食味や品質、収穫量の結果に対しても大変満足しています。」

【出展】 ※1:農林水産省「作物統計 平成26年度」より

【次世代養液土耕システム「ゼロアグリ」について】
日射センサーと土壌センサーにより、普段は見えない作物の地下部の状態を数値化し肥培管理を行います。
タイマーかん水や日射比例式のみの自動かん水装置では実現が難しい、日々の天候と作物の生長に最適な培養液供給量を、各種センサー情報を基にゼロアグリが判断し、自動供給を行うシステムです。これにより農家の作業時間を大幅に削減しつつ収穫量の増加と、水や肥料の低減を実現します。
ゼロアグリに関する詳細: http://www.zero-agri.jp/

【「村田さん家のいちご」について】
茨城県鉾田市の村田農園はイチゴ専門農家です。村田農園で栽培されているイチゴは、その味や品質の高さから、いつしか「村田さん家のいちご」と呼ばれ、果実専門店、超一流ホテルやパティシエと多数の取引があります。
村田農園に関する詳細: http://www.murataichigo.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  4. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  5. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  7. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  8. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  9. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  10. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  2. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
ページ上部へ戻る