クボタ、業界初・GPSを搭載した「直進キープ機能付田植機」を発売

 クボタは、業界初となるGPS(全地球測位システム)を活用した田植機を発売する。『ファームパイロット(Farm Pilot)』シリーズと称したGPS農機第一弾として、直進時に自動操舵できる機能を搭載した。発売日は今年の9月を予定しており、価格は約400万円となっている。
クボタ、業界初・GPSを搭載した「直進キープ機能付田植機」を発売
【商品名】
クボタ乗用形田植機
ファームパイロット(Farm Pilot)シリーズ
ラクエル「EP8D-GS」(8条植)

【型式と価格】
型式名:EP8D-GS
型式名:8条植
希望小売価格(税込):3,922,560円~

【開発の狙い】
・日本農業は高齢化による離農や委託の増加により、担い手農家への農地集約と規模拡大が一層加速しています。
・また規模拡大を図る上で、担い手農家は人員の確保が必要になりますが、農家の減少や高齢化により、熟練した技術・技能を持った人員の確保が困難になっています。
・特に田植えは、稲作基幹作業の中でも高い精度が求められ、熟練した技術・技能が必要になります。
・このような市場環境の変化の中、当社ではGPSを利用して農業の高能率化や高精度化、低コスト化、省力化に寄与することを目的とした農機を市場投入する方針を掲げています。
・その第一弾としてこの度、未熟練者の方でも簡単に真っすぐ田植えができる「直進キープ機能付田植機」を発売します。

【主な特長】
[1]真っすぐ田植えができる「直進キープ機能」を搭載

・高い精度が求められる田植え作業において、未熟練者の方でも簡単に真っすぐ田植えができます。
・熟練者の方にとっても直進操舵のストレスから解放され、作業負担が軽減されます。

[2]「安心サポート機能」を搭載
・直進キープ時も手動ハンドル操作を優先しますので、咄嗟の判断が必要な時には操舵が可能です。
・あぜへ接近すると、手前でブザーが鳴ります。さらに近づくとエンジンが停止し、あぜへの衝突を防止します。
・圃場外では「直進キープ機能」が入らない設定になっており、誤使用を防止します。

[3]多搭載予備苗台(レール8枚、段積8枚)
・通常の田植機よりも苗を多く搭載できるので、あぜからの補給回数を少なくでき、また苗を補給する際の補助者の省人が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  5. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  6. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  7. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  10. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る