クボタ、業界初・GPSを搭載した「直進キープ機能付田植機」を発売

 クボタは、業界初となるGPS(全地球測位システム)を活用した田植機を発売する。『ファームパイロット(Farm Pilot)』シリーズと称したGPS農機第一弾として、直進時に自動操舵できる機能を搭載した。発売日は今年の9月を予定しており、価格は約400万円となっている。
クボタ、業界初・GPSを搭載した「直進キープ機能付田植機」を発売
【商品名】
クボタ乗用形田植機
ファームパイロット(Farm Pilot)シリーズ
ラクエル「EP8D-GS」(8条植)

【型式と価格】
型式名:EP8D-GS
型式名:8条植
希望小売価格(税込):3,922,560円~

【開発の狙い】
・日本農業は高齢化による離農や委託の増加により、担い手農家への農地集約と規模拡大が一層加速しています。
・また規模拡大を図る上で、担い手農家は人員の確保が必要になりますが、農家の減少や高齢化により、熟練した技術・技能を持った人員の確保が困難になっています。
・特に田植えは、稲作基幹作業の中でも高い精度が求められ、熟練した技術・技能が必要になります。
・このような市場環境の変化の中、当社ではGPSを利用して農業の高能率化や高精度化、低コスト化、省力化に寄与することを目的とした農機を市場投入する方針を掲げています。
・その第一弾としてこの度、未熟練者の方でも簡単に真っすぐ田植えができる「直進キープ機能付田植機」を発売します。

【主な特長】
[1]真っすぐ田植えができる「直進キープ機能」を搭載

・高い精度が求められる田植え作業において、未熟練者の方でも簡単に真っすぐ田植えができます。
・熟練者の方にとっても直進操舵のストレスから解放され、作業負担が軽減されます。

[2]「安心サポート機能」を搭載
・直進キープ時も手動ハンドル操作を優先しますので、咄嗟の判断が必要な時には操舵が可能です。
・あぜへ接近すると、手前でブザーが鳴ります。さらに近づくとエンジンが停止し、あぜへの衝突を防止します。
・圃場外では「直進キープ機能」が入らない設定になっており、誤使用を防止します。

[3]多搭載予備苗台(レール8枚、段積8枚)
・通常の田植機よりも苗を多く搭載できるので、あぜからの補給回数を少なくでき、また苗を補給する際の補助者の省人が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  4. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  8. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  9. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  10. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  2. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  3. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  4. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
ページ上部へ戻る