住友化学、北米の健康・農業関連事業の研究開発拠点を拡充し機能強化

 住友化学は現地の100%子会社を通じて、健康・農業関連事業における北米の研究開発拠点を拡充する。同社では化学農薬、バイオラショナルの二つの技術をベースにした、ユニークで革新的なソリューションの提供に向けた研究開発を加速させる、という。研究開発や試験農場のため植物工場に分類される大型温室ハウスの建設も行われる。

VBC社の研究所移設
 VBC社は、既存研究所を移転し、同じくイリノイ州に「バイオラショナルリサーチセンター」を建設します。VBC社は、住友化学がアボット・ラボラトリーズ社からの事業買収により設立し、微生物農薬、植物生長調整剤等におけるリーディングカンパニーとして、世界90カ国以上で事業を展開しています。

「バイオラショナルリサーチセンター」は、VBC社本社の近接地に建設予定で、これまで以上にマーケティング・販売と研究の一体化を進めます。住友化学は、同拠点を健康・農業関連事業部門のグローバルな研究開発拠点と位置付け、日本の健康・農業関連事業研究所とも密接な連携を進め、バイオラショナル分野の研究開発を強化します。

ベーラントU.S.A.社の圃場新設
 ベーラントU.S.A.社は、現有する南部ミシシッピー州の圃場に加えて、中西部イリノイ州に新圃場「中西部農業研究センター」を開設します。試験の内部化や、より現場に近い農業環境での試験が可能になることによって製品開発を加速し、また、今後の研究開発のフロンティアとなる根圏(作物の根の周り)に関する病害虫防除や、養分吸収、土壌環境制御など、多面的・総合的な研究開発を進めます。

*住友化学グループでは、天然物由来などの微生物農薬、植物生長調整剤、微生物農業資材等や、それらを用いて作物を病害虫から保護したり、作物の品質や収量を向上させたりするソリューションを「バイオラショナル」と定義しています。

<VBC社の概要>
・会社名:Valent BioSciences Corporation
・所在地:米国イリノイ州リバティーヴィル
・設立:2000年1月
・社長:Andrew Lee(アンドリュー リー)
・事業内容:バイオラショナルの研究・開発・製造・販売
・持株比率:ベーラントU.S.A.社 100%
(ベーラントU.S.A.社は、住友化学の100%子会社)

<バイオラショナルリサーチセンターの概要>
・名称:Biorational Research Center
・所在地:米国イリノイ州リバティーヴィル
・規模約:5,600m2(必要に応じて拡張可能)
・開所予定:2017年度

<ベーラントU.S.A.社の概要>
・会社名:Valent U.S.A.Corporation
・所在地:米国カリフォルニア州ウォルナットクリーク
・設立:1988年4月
・社長:Andrew Lee(アンドリュー リー)
・事業内容:農薬の研究・開発・製造・販売
・持株比率:住友化学100%

<中西部圃場の概要>
・名称:Mid-West Agricultural Research Center
・所在地:米国イリノイ州シャンペイン
・規模:最大約50ヘクタール(温室、事務所スペースを含む)
・開所予定:2016年度に開所し、段階的に拡張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  3. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  4. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  5. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  6. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  7. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  8. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  9. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  2. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
ページ上部へ戻る