住友化学、北米の健康・農業関連事業の研究開発拠点を拡充し機能強化

植物工場IT活用事例セミナー

 住友化学は現地の100%子会社を通じて、健康・農業関連事業における北米の研究開発拠点を拡充する。同社では化学農薬、バイオラショナルの二つの技術をベースにした、ユニークで革新的なソリューションの提供に向けた研究開発を加速させる、という。研究開発や試験農場のため植物工場に分類される大型温室ハウスの建設も行われる。

VBC社の研究所移設
 VBC社は、既存研究所を移転し、同じくイリノイ州に「バイオラショナルリサーチセンター」を建設します。VBC社は、住友化学がアボット・ラボラトリーズ社からの事業買収により設立し、微生物農薬、植物生長調整剤等におけるリーディングカンパニーとして、世界90カ国以上で事業を展開しています。

「バイオラショナルリサーチセンター」は、VBC社本社の近接地に建設予定で、これまで以上にマーケティング・販売と研究の一体化を進めます。住友化学は、同拠点を健康・農業関連事業部門のグローバルな研究開発拠点と位置付け、日本の健康・農業関連事業研究所とも密接な連携を進め、バイオラショナル分野の研究開発を強化します。

ベーラントU.S.A.社の圃場新設
 ベーラントU.S.A.社は、現有する南部ミシシッピー州の圃場に加えて、中西部イリノイ州に新圃場「中西部農業研究センター」を開設します。試験の内部化や、より現場に近い農業環境での試験が可能になることによって製品開発を加速し、また、今後の研究開発のフロンティアとなる根圏(作物の根の周り)に関する病害虫防除や、養分吸収、土壌環境制御など、多面的・総合的な研究開発を進めます。

*住友化学グループでは、天然物由来などの微生物農薬、植物生長調整剤、微生物農業資材等や、それらを用いて作物を病害虫から保護したり、作物の品質や収量を向上させたりするソリューションを「バイオラショナル」と定義しています。

<VBC社の概要>
・会社名:Valent BioSciences Corporation
・所在地:米国イリノイ州リバティーヴィル
・設立:2000年1月
・社長:Andrew Lee(アンドリュー リー)
・事業内容:バイオラショナルの研究・開発・製造・販売
・持株比率:ベーラントU.S.A.社 100%
(ベーラントU.S.A.社は、住友化学の100%子会社)

<バイオラショナルリサーチセンターの概要>
・名称:Biorational Research Center
・所在地:米国イリノイ州リバティーヴィル
・規模約:5,600m2(必要に応じて拡張可能)
・開所予定:2017年度

<ベーラントU.S.A.社の概要>
・会社名:Valent U.S.A.Corporation
・所在地:米国カリフォルニア州ウォルナットクリーク
・設立:1988年4月
・社長:Andrew Lee(アンドリュー リー)
・事業内容:農薬の研究・開発・製造・販売
・持株比率:住友化学100%

<中西部圃場の概要>
・名称:Mid-West Agricultural Research Center
・所在地:米国イリノイ州シャンペイン
・規模:最大約50ヘクタール(温室、事務所スペースを含む)
・開所予定:2016年度に開所し、段階的に拡張