住友化学、北米の健康・農業関連事業の研究開発拠点を拡充し機能強化

 住友化学は現地の100%子会社を通じて、健康・農業関連事業における北米の研究開発拠点を拡充する。同社では化学農薬、バイオラショナルの二つの技術をベースにした、ユニークで革新的なソリューションの提供に向けた研究開発を加速させる、という。研究開発や試験農場のため植物工場に分類される大型温室ハウスの建設も行われる。

VBC社の研究所移設
 VBC社は、既存研究所を移転し、同じくイリノイ州に「バイオラショナルリサーチセンター」を建設します。VBC社は、住友化学がアボット・ラボラトリーズ社からの事業買収により設立し、微生物農薬、植物生長調整剤等におけるリーディングカンパニーとして、世界90カ国以上で事業を展開しています。

「バイオラショナルリサーチセンター」は、VBC社本社の近接地に建設予定で、これまで以上にマーケティング・販売と研究の一体化を進めます。住友化学は、同拠点を健康・農業関連事業部門のグローバルな研究開発拠点と位置付け、日本の健康・農業関連事業研究所とも密接な連携を進め、バイオラショナル分野の研究開発を強化します。

ベーラントU.S.A.社の圃場新設
 ベーラントU.S.A.社は、現有する南部ミシシッピー州の圃場に加えて、中西部イリノイ州に新圃場「中西部農業研究センター」を開設します。試験の内部化や、より現場に近い農業環境での試験が可能になることによって製品開発を加速し、また、今後の研究開発のフロンティアとなる根圏(作物の根の周り)に関する病害虫防除や、養分吸収、土壌環境制御など、多面的・総合的な研究開発を進めます。

*住友化学グループでは、天然物由来などの微生物農薬、植物生長調整剤、微生物農業資材等や、それらを用いて作物を病害虫から保護したり、作物の品質や収量を向上させたりするソリューションを「バイオラショナル」と定義しています。

<VBC社の概要>
・会社名:Valent BioSciences Corporation
・所在地:米国イリノイ州リバティーヴィル
・設立:2000年1月
・社長:Andrew Lee(アンドリュー リー)
・事業内容:バイオラショナルの研究・開発・製造・販売
・持株比率:ベーラントU.S.A.社 100%
(ベーラントU.S.A.社は、住友化学の100%子会社)

<バイオラショナルリサーチセンターの概要>
・名称:Biorational Research Center
・所在地:米国イリノイ州リバティーヴィル
・規模約:5,600m2(必要に応じて拡張可能)
・開所予定:2017年度

<ベーラントU.S.A.社の概要>
・会社名:Valent U.S.A.Corporation
・所在地:米国カリフォルニア州ウォルナットクリーク
・設立:1988年4月
・社長:Andrew Lee(アンドリュー リー)
・事業内容:農薬の研究・開発・製造・販売
・持株比率:住友化学100%

<中西部圃場の概要>
・名称:Mid-West Agricultural Research Center
・所在地:米国イリノイ州シャンペイン
・規模:最大約50ヘクタール(温室、事務所スペースを含む)
・開所予定:2016年度に開所し、段階的に拡張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  2. 大地を守る会とオイシックス、3月31日よりグループ会社化
     株式会社大地を守る会と、オイシックス株式会社は3月31日にグループ会社となり、2017年秋を目処と…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  4. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  5. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  7. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  3. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  4. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
ページ上部へ戻る