藻類スピルリナの工場的生産・販売のタベルモ、コールドプレスジュースショップとコラボ商品にて全国展開

 藻類スピルリナの工場的生産と生のフレッシュ素材の販売を行う株式会社タベルモでは、同社が販売するスーパーフードの王様「スピルリナ」を新鮮なまま急速冷凍した「タベルモ(生スピルリナ)」が、日本初のコールドプレスジュース専門店「SUNSHINE JUICE」などの商品に導入された。

コールドプレスジュースは、野菜や果物を低速圧搾方式で絞るため素材に熱が加わることがなく、栄養素を丸ごと摂取できることから注目を集めている。同社の商品である「タベルモ(生スピルリナ)」は、従来は乾燥させ粉末化した状態で販売されていたスピルリナを、生きたまま急速冷凍した商品。
藻類スピルリナの工場的生産・販売のタベルモ、コールドプレスジュースショップとコラボ商品にて全国展開
乾燥させていない分、豊富な栄養素を丸ごと摂取できることから、コールドプレスジュースの考え方と合致し、コールドプレスジュースショップ、スムージーショップ、素材にこだわる健康志向のカフェなど全国主要都市の約40店舗に導入している。

 その他、2015年5月にインターネット上での販売を開始し、同年11月に青山ファーマーズマーケットにて対面販売を開始。2016年4月の土日(16・17日除く)には、青山ファーマーズマーケットにてMellow Juice Barとのコラボによるタベルモジュース3種の販売を予定している、という。

■タベルモの導入店舗紹介
<SUNSHINE JUICE>
商品名/価格:
Gnarly Greenコールドプレスジュース
 Mini 1,080円(税別)/Regular 1,280円(税別)
店舗所在地 : 恵比寿、新橋、渋谷、六本木、自由が丘
URL     : http://sunshinejuice.jp/

<ELLE cafe>
導入形態/価格:
・各種コールドプレスジュースへのアドオン 100円(税別)
・クレンズプログラム
 6本中1本(#2)がタベルモ入り(要予約) 7,800円(税別)
・キヌアのクレンズサラダ ~生スピルリナドレッシング~
 R 600円/S 430円(税別)
店舗所在地  : 六本木ヒルズ、博多阪急
URL      : http://ellecafe.jp/

<JUICERY by Cosme Kitchen>
メニュー名/価格: CLEANSE SALADコールドプレスジュース
          tall 680円(税別)/Bottle 1,360円(税別)
店舗所在地   : 札幌ステラプレイス、代官山、
          玉川高島屋(S・C W&E併設)、渋谷ヒカリエ ShinQs、
          ルミネ池袋、グランツリー武蔵小杉、名古屋PARCO、
          天王寺ミオプラザ、心斎橋 OPA
URL       : http://juicery.jp/

<銀座ローライフカフェ>
導入形態/価格: スピルリナ(体調改善)セット【Set menu】¥2,000(税別)
― スピルリナのコールドプレスジュース
― グリーンサラダ ~スピルリナドレッシング
― スピルリナグリーンラップサラダ
― スピルリナローチーズケーキ
※ラップサラダ以外は、タベルモを使用
店舗所在地  : 銀座一丁目
URL      : http://r.gnavi.co.jp/c5zac1aj0000/

■タベルモとは
35億年前に地球上に誕生した最古の植物「スピルリナ」は、60種類以上の豊富な栄養素を持つ食材であり、アフリカでは古くから「貴重な食料源」として、近年アメリカや日本では「スーパーフードの王様」として広く知られています。

タベルモは、静岡県掛川市にて栽培したスピルリナを、乾燥させることなく新鮮なまま独自の技術で急速冷凍した「生」スピルリナ。驚くほどの濃い緑色をしている反面、味と匂いがありません。「生」ゆえに、スピルリナの豊富な栄養を丸ごと摂ることができるタベルモは、日々の食生活に取り入れることで身体の栄養状態を底上げし、健康な身体の土台づくりに一役買う食材です。

<「タベルモ」の特長>
1.色と栄養の濃さ
緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンやクロロフィルに加えて、「フィコシアニン」という青色色素を含むため、驚くほどの濃い緑色をしているスピルリナ。タベルモは乾燥させていない「生」の状態なので、それらの色素の量は乾燥品の約1.4倍。ビタミンの総量も乾燥品の約1.4倍。ミネラルは約1.2倍。必須脂肪酸であるγ-リノレン酸は約2.5倍含まれています。

2.味と匂いの薄さ
「生」のスピルリナであるタベルモは、色の濃さに反して味と匂いがほとんどしません。色々な味に馴染むので、ジュースやヨーグルトと混ぜて美味しくいただけます。

3.国産・無添加・無農薬
静岡県掛川市にて、ミネラルを豊富に含んだ地下水を使用し、無農薬で栽培したスピルリナ。新鮮なまま添加物を一切加えることなく冷凍したタベルモは、皆様に安心して食べていただけます。

【会社概要】
光合成効率が高く栄養効率が良い藻スピルリナを、栄養摂取の観点で最も最適と考えうる「生」の状態で商品化。生スピルリナを「タベルモ」としてブランド展開し、タベルモを人々の生活に浸透させることを通じて持続可能な社会をつくることを目指す。

会社名 : 株式会社タベルモ
      ※株式会社タベルモは、ちとせグループの一員です。
      ちとせグループポータルサイト http://www.chitose-bio.com/jp/
代表者名: 代表取締役 佐々木 俊弥
設立  : 2014年7月25日
事業内容: タベルモ(生スピルリナ)の販売・普及促進・技術開発
拠点  : 〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1
      かながわサイエンスパーク東棟511
URL   : http://www.tavelmout.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  3. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  4. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  6. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  7. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る