北海道日立システムズ「直販・通販農家向け 販売管理クラウドサービス」の販売開始

 株式会社北海道日立システムズは、受注・出荷・入金管理などに特化した「直販・通販農家向け 販売管理クラウドサービス」を農家や農業生産法人向けに販売を開始する。

本サービスは、直販・通販農家として年商1億円の実績があり、多くのノウハウを有する寺坂農園株式会社(北海道空知郡中富良野町)が自社で開発・活用している農家の直販・通販業務に特化した販売管理システムを北海道日立システムズが、機能や操作性などを拡張し、システム開発力やサポート力を活用してクラウド型で提供する。
北海道日立システムズ「直販・通販農家向け 販売管理クラウドサービス」の販売開始
 近年、インターネット通販の仕組みも広がっており、消費者への直接販売を行う農家が増加しています。また、TPP協定による競争の激化が予測されるため、農業経営を存続させるための策として、対面での直接販売に加え、電話やFAX、メール、自社Webサイト等から販売を行う農家はさらに増加すると考えられます。

直販・通販ビジネスを成功させるためには、顧客満足度向上によるリピーターの獲得・増加が欠かせません。
そのためには、複数の販売ルートによる販売・出荷状況を一元管理し、適切な顧客対応や販促活動をする必要がありますが、現状では農家の直販・通販業務に特化したシステムが流通しておらず、多くの農家が手作業や表計算ソフトなどを使った台帳で管理しているため、販売数が増加したときの受注・出荷・入金などの販売管理や顧客管理の円滑化が課題となっています。

 北海道日立システムズは、日立システムズの地域グループ会社として、北海道内の企業や自治体向けに幅広いITサービスを提供している企業です。
寺坂農園は、農家自身がお客さまと直接つながるダイレクト・マーケティングという販売手法を用いて成功しました。現在では年間1万件を超える販売件数があり、事務工数削減や適切な顧客管理のため、自社で販売管理システムを開発し、2012年から運用しています。

 本サービスは、受注・発送業務におけるミスを防ぐ仕組みや、商品の出荷状況を適切に把握するための機能、お客さまからのご要望を適切に農業経営に生かすためのクレーム管理機能、詐欺などに対応するためのブラックリスト管理機能など、寺坂農園のノウハウを生かした機能と、北海道日立システムズのクラウド技術、手厚いサポートサービスを組み合わせて割安な月額利用方式で提供するサービスです。

システムの管理は、北海道日立システムズのエンジニアが行うため、専門の技術者がいない農家でも気軽に導入・利用できます。また、導入にあたっては、寺坂農園のノウハウに基づくアドバイスを北海道日立システムズから受けることができます。

また、本サービスはクラウドサービスでの提供であるため、基本料金を低く抑え、伝票数などに応じた従量課金の形態で提供します。そのため、お客さまは、閑散期におけるシステム利用料を最低限に抑えることができます。

<寺坂農園のノウハウを生かした主な機能>
・「商品状況管理機能」:商品が箱詰め中・発送前・配送中・入金待ちのどの段階にあるのか状況を確認することができます。
・「クレーム管理機能」:誰が問い合わせを受けてもすぐに状況把握・対応ができるよう、クレーム情報を共有することができます。
・「ブラックリスト管理機能」:代金未払い、詐欺の可能性のある顧客から注文を受けた際に警告を表示し、未収金、詐欺被害の減少を図ります。

■標準価格(税抜)
初期登録費用:50,000円
月額基本料金:10,000円~
*上記に加え、伝票数などに応じた従量課金制で費用をいただきます。

■北海道日立システムズの「直販・通販農家向け 販売管理クラウドサービス」に関するWebサイト http://www.hokkaido-hitachi-systems.co.jp/agriculture_direct_sales/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  5. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  6. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  7. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
ページ上部へ戻る