施設園芸・植物工場展2016(GPEC)が7月末に開催・出展募集を開始

 一般社団法人日本施設園芸協会は、2016年7月27日から29日の3日間、東京ビッグサイトで「施設園芸・植物工場展2016(GPEC)」を開催するため、同展示会出展の募集を開始した。今回は出展対象を拡充し「自治体による産業立地」や「省力化機器・資材ネルギー関連災害熱中症対策」「高機能植物の生産関連」などの特設ゾーンも設置される。

前回のGPECでは、農業生産者を中心に38,421名が来場した。同展示会では、出展各社と農業生産者・団体、国・自治体や流通・販売関係者とのビジネスマッチング場や情報交流の場としても大きな注目を集めている。

公式サイト: http://www.gpec.jp/

特徴1. 施設園芸・植物工場に特化した専門展示会
・食品流通、飲食業などさまざまな方面から期待を集め、就農希望者の人気も高い施設園芸分野。一方、栽培品目も多様化し、他業種からの参入も相次ぐ植物工場分野。今では国内に留まらず、海外にも各技術の輸出・提供が始まっています。

・GPECは、農業の成長と活性化を担う存在として最も期待される二分野をテーマにした、“国内唯一”の専門展示会です。二分野に特化することで、出展者・来場者が厳選され、前回会期中の商談率は86.7%に達しています。

環境制御技術やICTをはじめ栽培から収穫、加工・出荷に至るまで、常に技術が進化する各種設備・資材・機器が出展対象。「収量アップ」「品質向上」「コスト削減」など明確な目的を持つ生産者等との濃密なビジネスマッチングを創造します。

特徴2. 抜群の認知度!約半数を占める生産者の来場比率
・GPECが開催される夏期は、多くの施設園芸農家が農閑期であり、次期の栽培計画や資材の買い替え等を検討します。さらに、全国からの好アクセスを誇る東京ビッグサイトが会場であり、前回は生産者等の来場が約5割、農業団体も含めると6割に達しました。

・各種メディアや全国のJA、生産者同士の口コミなどを通じて、GPECの認知度と期待感は高まっています。来場する生産者たちは明確な目的を持ち、熱心な方が多いことから、GPECには以下の出展メリットが期待できます。

・新規顧客の獲得、既往顧客との交流深化、市場調査、潜在ニーズの掘り起こし、企業PR、新製品発表、意見収集 など

特徴3. 質・量ともに充実!情報満載の併催行事
・GPECを主催する(一社)日本施設園芸協会は農林水産省の指導の下、政府機関や生産者団体、関連団体・大学・研究機関などと強力な連携体制を有しているため、膨大かつ正確な情報を発信できます。

・最先端の研究内容や国内外の最新動向が語られるセミナーは毎回、生産者はもちろん、他業種からも高評価を得ています。さらに、実機展示やデモンストレーション、プレゼンテーションなど工夫を凝らしたイベントを通じて、実践的な情報を提供します。

・GPECのコンセプトは 「政府・メーカー・生産者が一丸となって、日本の施設園芸と植物工場の将来を考えていく」ことです。来場者にとっては『農業の現実と理想』を一度に体感・共有できる機会です。意欲の高い生産者たちとぜひ活発な商談、情報交流を行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  2. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  3. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  4. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  5. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  6. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  7. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  8. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る