植物工場・アクアポニクスの米国NPO、ローカル・フード確立のため30万ドルの資金調達

植物工場IT活用事例セミナー

 米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加工施設・調理場や販売店舗を建設するために30万ドルの資金調達を始めた。

同団体は3年前、75,000ドルの資金調達を行い、人工光型植物工場による葉野菜と魚の養殖を同時に行う一体型システム・アクアポニクスを建設した。

米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
同社では現在、約8,400㎡の旧パン工場をリノベーションされたスペースの一部にて生産しており、生産を開始した2013年から現在まで、週に14kgの葉野菜、12匹前後のティラピア(魚)を継続的に出荷している。

葉野菜はリーフレタスやハーブ野菜の大きなサイズのものから、飾り野菜としても利用されるスプラウトに近いミニリーフまで、様々な野菜を生産している。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。