オリックス・養父市などが農業生産法人を設立。植物工場の直販ルートを活用し、販売・流通の一体型モデルを構築

オリックス株式会社は、国家戦略特区の兵庫県養父(やぶ)市で、同社100%子会社のオリックス農業株式会社と、養父市100%出資のやぶパートナーズ株式会社、JAたじま、地元農業者の共同出資により「やぶファーム株式会社」を6月5日に設立、国家戦略特区での農業生産法人として、農地法3条による権利取得を7月9日付で申請したと発表した。

オリックス・養父市などが農業生産法人を設立。植物工場の直販ルートを活用し、販売・流通の一体型モデルを構築

今回の取り組みでは、やぶファームが、養父市大薮地区で賛同を得た農業者から農地約1.2haを賃借、初年度は養父市の特産であるピーマン・黒大豆・タマネギ・にんにくなどの露地栽培を行う。生産する野菜は特別栽培を基本とし、機能性野菜の生産も計画しているという。

オリックスは、既に稼働中の養父の完全人工光型植物工場が生産したレタスの直販ルートを活用、やぶファームで生産した農作物を直売し、事業の高収益化を目指す。また、JAたじまは、農業者への営農指導と資材供給を担い、農作物の品質向上と特別栽培による農作物生産の指導を担当。
やぶパートナーズは、新規就農者の支援と新規雇用の創出や6次産業化による販路拡大、地産地消による地域の活性化を図り、地元農業者は農地の提供、農産物の生産を担当する。

地元農業者の中には、地元で運送業を経営する山本洋介氏(山本運輸株式会社代表取締役)の参加が決定しており、やぶファームは養父市で生産・販売・物流が一体となった協力体制を確立し、中山間地域における新たな農業ビジネスモデルの構築に取り組む。

今回設立した「やぶファーム」では、今後5年間で地元大薮地区等の農業者の協力を得て、農地を10haまで拡大し、農産物の増産を目指す。さらに加工業者との連携にも着手し、養父市の名産品である朝倉山椒等を利用した加工品生産を通して、地域内で連携を図り活性化を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  2. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  3. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  4. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  5. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  6. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  7. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  8. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  9. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  10. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る