バイオ研究開発・受託分析サービスのバイオジェット社、科学と伝統製法を融合させた泡盛の商品開発も

地域資源と最先端技術が出会う場所

地方創生に注目が増す今日、そのパイオニアとも言えるバイオベンチャー企業が沖縄県にある。塚原正俊CEOを筆頭とし、地域資源を活用した研究開発・商品開発事業などを手掛けている (株)バイオジェットである。塚原氏は大学時代に生物学を専攻し、基礎生物学の研究プロジェクト、大手食品メーカー研究所、沖縄県の第三セクター研究機関を経て、2011年にバイオジェット社を創業した。

その業務内容は多岐に渡り、遺伝子解析等の基盤研究、地元や県外企業との連携、コンサルティング、地域資源を利用した新商品開発など、基盤研究から開発・実用化まで、既存の研究分野や産業間の壁を意識しない幅広い取り組みを進めている。

その原動力となっているのは「基盤研究の技術、戦略、考え方は、異分野や産業界で極めて有用で価値がある」という信念である。例えば、バイオジェット社は、基盤技術である最先端の遺伝子解析装置NGS(Next-Generation Sequencer:次世代シーケンサー)を使って研究開発サービスを行っている沖縄県内唯一の企業である。

しかも、単なるNGS受託にとどまらず、基礎研究はもちろん、様々な産業に対して具体的な成果に結び付ける立案や実務を得意としており、全国的にも希な総合的研究開発サポート企業である。

 

基盤研究結果の実用化に立ちはだかる「死の谷」を超えるために

基盤研究の結果が現実社会に還元されるには多くの課題がある。商品開発を例にとると、基盤研究の成果 → 応用研究 → 実験室試作 → 実機試作 → 製造ラインの整備・稼働 → 品質管理 → 商品化 → 販売促進という典型的な流れがあるものの、あるステップから次のステップに進む段階はそれぞれがハードルとなっている。

特に、商品化の直前は俗に「死の谷」と呼ばれる最難関の乗り越えるべきハードルが存在する。バイオジェット社は、これらのハードルに対して基盤研究を核とした「技術や考え方」と、異分野との「連携」が重要なツールと考え、その橋渡し役というポジションで業務を遂行している。

 

地域資源への更なる付加価値

数多くあるバイオジェット社の共同開発の業績の中で最も目を引いた成果は、創業130余年の泡盛メーカーである有限会社神村酒造(沖縄県うるま市)との共同開発品、琉球泡盛「芳醇浪漫 守禮(しゅれい)35度」である。

本商品は、バイオジェット社が選別・実用化した「芳醇酵母」を利用している。本酵母を用いることで、泡盛の古酒香成分として共に報告されている「マツタケオール(1-オクテン-3-オール)」と「バニリン」を同時に増加させることに成功した。深みのある香り成分であるマツタケオールは通常の約6倍、まろやかな甘み成分であるバニリンは約8倍多く含む泡盛醸造技術の開発に成功した。

バイオ研究開発・受託分析サービスのバイオジェット、科学と伝統製法を融合させた泡盛の商品開発も
毎年3月に神村酒造で行われる感謝祭では、今年も塚原氏による泡盛の野外セミナーが行われ、古酒(くーす)成分や古酒づくりなどについて科学的視点からわかりやすい解説で、多くの参加者の好評を得ていた。バイオジェット社は科学的視点というスパイスで消費者の興味を掴むことを得意とする。地域資源活性化のパイオニア、科学と生活の橋渡し役バイオジェット社に今度も注目していきたい。

株式会社バイオジェット: http://www.biojet.jp/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  3. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  5. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  6. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  10. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NASAによる宇宙ステーションや火星探査での農業・植物工場への取り組み
     2015年8月10日には、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在しているNASAの宇宙飛行士が、人工…
  2. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  3. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  4. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
ページ上部へ戻る