[無料レポート] 英国・ハイテク農業の最前線

 施設園芸・植物工場などのハイテク農業について、英国での技術開発は遅れている。施設園芸で生産される代表的な作物であるトマトを例にあげると、国内トマト市場の80%は輸入に依存しており、スペインやイタリアなどの輸入トマトが消費の大半を占めている。

英国の気候はオランダと非常に似ており、近代的な施設栽培が早くから実践されたエリアであった。しかし、オランダが太陽光利用型植物工場にて世界第2の農産物輸出国を実現する一方で、英国の施設園芸面積は1990年をピークに減少し、多くの国内農家は撤退・廃業を余儀なくされた。

英国・ハイテク農業の最前線/閉鎖人工光型の大規模アクアポニクス施設も稼働
農水省によると、2009年に340兆円規模だった世界の食市場が、2020年には680兆円に倍増すると予測されており、こうした「食・農業」関するビッグ・ビジネスに対して、イギリス政府も本格的な支援に乗り出した。

ローカル・フード市場の拡大をうけ、オランダが得意とする大規模ガラス温室(太陽光利用型植物工場)とは異なる栽培方法「アクアポニクス施設による都市型農業の新たなビジネスモデル」の実現にもチャレンジしている。

【無料レポートのダウンロード】
英国・ハイテク農業の最前線(PDF)

関連記事
・英国にも民間主導による利益を確保しながら生産者のサポートする施設園芸の研究機関がある
イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働

・英国でもローカル・フードを支持する消費者層が拡大中
英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入

・最先端アグリ技術への研究開発を政府としても本格的に支援
英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資

・英国にも店舗併設型のアクアポニクス・レストランがあるが、欧州には他にも店舗併設型植物工場が稼働している
スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン